柳楽優弥(C)モデルプレス

写真拡大

【柳楽優弥/モデルプレス=7月4日】俳優の柳楽優弥が3日放送の日本テレビ系トークバラエティ番組「深イイしゃべくり合体スペシャル」(よる9時〜)のしゃべくり007パートに出演。20kg増の激太りをしていたとき、「俳優辞めなさい」と引退勧告を受けていたことを明かした。

豊田エリー、夫・柳楽優弥との結婚生活を語る「2人とも可愛い」「仲いいなあ」と反響

俳優らしからぬ経歴を振り返るコーナーにて、18歳のときの“激太り”写真を公開した柳楽。「役じゃないの?」と役作りのために太ったのかと聞かれるも、「役じゃない。ご飯を食べ過ぎました」と明かし、ストレスかと聞かれると「たぶんそう。(自身の写真を見て笑いながら)この人絶対ストレスですよね」とストレスで“激太り”したことを認めた。

当時、事務所スタッフなど多くの人から叱責を受けたそう。生前、歌舞伎俳優の中村勘三郎さんからは「君は見栄えが悪いから、俳優辞めなさい」と厳しい言葉を浴びせられたようで「(その言葉が)本当にありがたくて、それがきっかけで痩せなきゃ!見栄えがよくならなきゃ!と原動力になった」と感謝。その後、ボクシングやランニングなどの運動や、食事に気を付け、約3ヶ月で20kgの減量に成功したことを明かした。

◆アルバイトをしていた過去


さらに、デビューしてすぐにカンヌ国際映画祭で史上最年少で男優賞を受賞し、瞬く間にブレイクしたため、ほかの俳優仲間が経験していた“下積み時代”に憧れ、アルバイトをしていた過去を明かした。

事務所の許可を得てアルバイトしていたが、当時、イケメンブームだったため、「どうやったらテレビに出れるんだ」と葛藤していたことも。中でも小栗旬の活動を見て嫉妬していたそうで、「悔しいけど、自分に原動力になった」とアルバイトを通じて、俳優として大切なことがわかったそうだ。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ

【Not Sponsored 記事】