画像提供:マイナビニュース

写真拡大

富士通クライアントコンピューティングは4日、同社製PCの2017年夏モデルとして、大型スピーカーを搭載した27型液晶一体型PC「ESPRIMO FH90/B2」を発表した。7月6日から販売開始。価格はオープンで、店頭予想価格は税別240,000円前後。

狭額ベゼルの27型液晶を搭載した、一体型PC「ESPRIMO FH」シリーズのフラッグシップモデル。「ESPRIMO FH90/A3」の後継機で、新たにCPUやソフトウェアの強化が図られているほか、日本オーディオ協会によるハイレゾロゴを取得した。

左右上部に約7mmの狭額ベゼルを採用し、コンテンツの視聴を邪魔しないすっきりしたデザインが特徴。音響面に注力しており、左右に4W+4Wスピーカーを、背面に10Wウーファーを配置したパイオニア共同開発のスピーカーシステムを搭載する。ノイズやひずみが少ないといわれるTexas Instruments製のヘッドホンアンプも内蔵。

液晶上部には収納式の3Dカメラを内蔵し、Windows Helloによる顔認証ログインも可能。タッチ機能は非搭載。テレビチューナーは3波対応テレビチューナー2基を搭載した。USBやSDカードリーダなど、主なインタフェースを前面にまとめた設計で、新たにVRゴーグルなどとの接続を想定したHDMI出力端子を搭載している。

主な仕様は、CPUがIntel Core i7-7700HQ(2.80GHz)、メモリが8GB、ストレージが3TB SATA HDD、グラフィックスがIntel HD Graphics 630(CPU内蔵)、ディスプレイが27型ワイド液晶(1,920×1,080ドット)、光学ドライブがBDXLドライブ、OSがWindows 10 Home 64bit(Creators Update適用)など。Office Home & Business PremiumやATOK 2016も搭載する。

通信機能はIEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T対応有線LAN、Bluetooth 4.1。テレビ機能は地上/BS/110度CSデジタルチューナー×2。

主なインタフェースはUSB 3.1(Gen2) Type-A×2、USB 3.0 Type-A×2(うち1基は電源オフ充電対応)、HDMI入力×1、HDMI出力×1など。

本体サイズは616×227×470mm(最小傾斜時)、重量は約12.5kg。カラーはブラックのみ。ワイヤレスマウス、ワイヤレスキーボード、テレビ用リモコンが付属する。