中西哲生と高橋万里恵がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「クロノス」。

7月3日(月)の放送ではTOKYO FMの番組「JET STREAM」の50周年を記念し、冒険家・旅行ジャーナリストの大川原明さんをゲストに迎え、旅にまつわる話を伺いました。



1967年7月に番組がスタートして以来、半世紀にわたって放送されてきた「JET STREAM」。50年前の日本人はどれくらい旅行に出かけていたのでしょうか。

「日本人の海外旅行自由化は東京オリンピックが開催された1964年で、(その年の)海外旅行者数は12万7749人。50年前の1967年だと26万7538人です。当時は旅行会社が企画したパッケージ旅行に参加するのが一般的でした。金額はなかなか庶民に手が届くものではなく、例えばJTBが主催したハワイの9日間のツアーは、当時の国家公務員の大卒初任給が1万9100円で、その19倍という36万4000円。現在の貨幣価値に換算すると400万円くらいです。JALのヨーロッパ16日間のツアーは、当時のお金で67万5000円。現在の貨幣価値で700万円くらいです」と大川原さん。

それから50年、費用もリーズナブルになり、海外旅行者数は年々増加。「今では毎年およそ1600万人から1700万人ほどの日本人が海外を旅行しています。格安航空券が取れたり、格安海外旅行を扱う旅行会社が増えて、安く行けるようになりました。例えば東南アジアで安いものなら5万円台からありますし、欧米でも6日から7日間で10万円台からあります。学生さんがちょっとアルバイトして行ける時代になったと思います」とのこと。

それ以外にも、旅行先に変化が。「ハワイやヨーロッパ、アメリカに関してはそんなに変わりはありません。ここ10年や20年で変わったのが、いわゆる発展途上国。アジアではタイなどもかなり近代化が図られ、高層ビルが建っています。昔の雰囲気が失われ、物価が高くなっています」(大川原さん)

これまで65ヵ国を旅行したという大川原さんおすすめの旅先は、世界一幸福な国と言われるブータン王国。

大川原さんは「どちらかというと海派なんですが、『山も良い』と思いました。内陸国なので山並みが美しく、桃源郷みたいで目の保養になりますよ。あと、人々も親切で優しい人が多いと感じました。ホテルまで戻る道がわからなくなってしまって迷ってたとき、向こうから話しかけてきてくれて、ホテルまで連れてってくれました」と話していました。

【番組概要】

番組名:「クロノス」

放送日時:毎週月〜金曜6:00〜8:55

パーソナリティ:中西哲生(月〜木)、速水健朗(金)、高橋万里恵

番組Webサイト:http://www.jfn.co.jp/ch/

番組SNS:

Twitter=@chronos2010 https://twitter.com/chronos2010

Facebook=chronosfm https://www.facebook.com/chronosfm/



----------------------------------------------------

この記事の放送回を『radikoタイムフリー』で聴くことができます(1週間限定)。

(スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ http://www.tfm.co.jp/timefree_pr/)

■番組聴取は【コチラから http://radiko.jp/share/?sid=FMT&t=20170703060000】(無料)

聴取期限 2017年7月11日 AM 4:59 まで

※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。

----------------------------------------------------