料理やカニの写真が壁に大きく掲示されている

写真拡大

カニの卸売問屋の根室杉山水産が運営する「うめぇ堂」は、札幌場外市場の卸売りセンター内に店舗を構えています。13種類もの豊富な海鮮丼をメインに獲れたての海の幸を食べることができるレストランで、安くて美味しいと評判の店舗でお昼ごはんを楽しんでみませんか?

三種類のかにが混ざった「かに丼」はうめぇ堂ならでは

札幌場外市場の卸売センター内にある店の入口は力強い文字で書かれた「うめぇ堂」ののれんが特徴的。また、店先にはおすすめメニューを掲示した大きな看板があるので、とても目立つ外観です。

特におすすめしたいメニューがこの「かに丼」(1800円)。一般的な「かに丼」といえばずわいガニを使っていると思います。しかし、うめぇ堂は違います! なんと、ずわいガニ・たらばガニ・花咲ガニを混ぜたカニ身をご飯の上にびっしりと盛り、さらにたらばガニの棒肉を2本乗せているのです。ひと口で3種類のカニの味が混ざり合い、濃厚な甘さと旨味を感じることができます。これはほかの店にはない、カニ問屋だからこそできる至高の美味しさだといえるでしょう。

もう一つ忘れてはいけないのが、やはりこの「日替わり海鮮丼」(2000円)。使用する海鮮ネタは決まっておらず、その日仕入れた自信を持って出せる魚介類を7点盛りにした豪華な丼です。どのネタを食べても思わず笑顔になってしまうほどの美味しさです。

種類の豊富な丼メニュー以外にも、1品料理も数多く取り揃えているので、いろいろ食べたいお昼には最適です。北海道の一番東、根室から始まった会社だけあり、根室の地酒も用意。食品だけでなく、お酒も堪能できます。

店内はカニが入った水槽があり、壁には写真付きの大きなメニューが貼られているので、料理の到着を待つ間も飽きずに過ごすことができます。ここだけではなく、販売店の方にも客席があり、そこでも同じメニューを味わえます。

お昼からカニ問屋が厳選した素材を贅沢に、しかもお手頃な価格で食べることができるうめぇ堂。丼メニューには全て鉄砲汁がついてくるのもうれしい限りです。水槽にいる魚介類はその場で調理可能という、柔軟な対応も魅力のひとつです。

うめぇ堂 ■住所:札幌市中央区北11西22-1-26卸売りセンター内 ■電話:011・640・2333 ■時間:7:00〜15:00(LO) ■休み:1月1・2日 ■席数40席(禁煙)

【北海道ウォーカー編集部】