『生涯投資家』を書いた村上世彰氏。『多動力』がベストセラーとなっている堀江貴文氏。対談の3回目は、ふたりが考える未来、それぞれが目指していること、そして世の中を変えるために必要なこと。

「お金なんて必要ない時代」に必要なこと

村上 堀江は「もうお金なんていらない時代」と言うけど、例えばどういうこと?

堀江 オキュラスVRっていう、バーチャルリアリティーのデバイスの今のムーブメントを作ったデバイスがあって。これは数年前にパルマー・ラッキーという18歳の子が、スノーボードのゴーグルを改造して、Androidのスマホ2台とレンズをパソコンにつないだものから始まってるんですよ。それでクラウドファンディングしたら大反響で、たしか7〜8億円ぐらい集まって、2年後にはFacebookが20億ドルで買収した。

村上 それはすごい。

堀江 こういう時代になってくると、世の中の流れを見ながら新しいプロジェクトを立ち上げる、チームを作るビルディング力を持つ人間、サービスを立ち上げて、「これすごいよね」って言われるやつが強い。だから、大事なのはお金じゃなくてアイデアと実行力。

村上 そういう意味では3年前か4年前に初めて一緒に、堀江の勧めで投資したよね。バーチャルリアリティーでひとつ、キュレーションメディアでひとつ、フィンテックでひとつ。やっぱりなかなか理解できなかったから、それまでだったら投資しようとは思わなかったと思う。でも、やってみようと思い切ってお金を入れた。そういうことを始めました。

堀江 そうそう、そういうふうにどんどん変換していかないと。


「大事なのはお金じゃなくてアイデアと実行力」

変化しない日本の企業文化

村上 堀江はもう一度テレビ局をやりたいって本の中で書いていたけど、テレビ局の人に変わる意味があるのかというと、あまりない。変わって得する人がそんなに居ないから。そうだとすると、変われないよね。そこは仕組み自体を変えないと結構しんどいよね。

 そういう意味でひとつ聞きたいんだけど、なんでニッポン放送の時、途中で折れたの? 最後までやってくれればよかったのに(笑)。

堀江 だって、僕が社長を解任されそうになってましたから。戦いようがないでしょう。取締役会で僕は1票しかないんですから。

村上 じゃあ、もしその時に賛成してくれる人がマジョリティだったら最後までやった? 

堀江 はい。そう思いますよ。

村上 そうか。それにしても、これは本にも経緯を詳しく書いたけど、ニッポン放送は自分の持っている大事な資産を別の人に預けるという絶対にやっちゃいけないことをしたから、まあ、それは驚きましたね。そこまでやるんだと。本当は代表訴訟問題になってもおかしくない。そういう企業文化がまだ日本の中にあるんでしょうね。それを淘汰するのは株式市場であり、コーポレートガバナンスだと思ってます。そこだけは変えないとこの国はよくならない。だからちょっとずつ、あんまり目立たないように言い続けていかなきゃいけない。


コーポレートガバナンスを変えないとこの国は良くならない

堀江 僕はもうそこは超越しました。

村上 してるよね。日本の企業文化を変えるのはなかなか難しい。

世の中を変えるには「とにかく行動すること」

堀江 いまさら変えなくてもいい、というか、すでにいろんなボーダーが溶けていってるじゃないですか。猪子君も同じことを考えているけど、ボーダーがない世界になれば、そういう古い体質の企業なんて自然に淘汰されていきますよ。

 僕がオンラインサロン(HIU=堀江貴文イノベーション大学校)をやっているのは、そういう世界を作るためで。『多動力』が発売されてから、ここ1カ月の入会者の増え方が半端なくて、今1600人いるんですよ。

村上 本にはそのオンラインサロンのメンバーを育てたいとか、相談に乗ってやりたい、もっとはばたかせたいって書いてあったけど、そんなにいい人材が来るの?

堀江 いい人材が来るとか来ないっていう問題じゃないんですよ。オキュラスVRのパルマー・ラッキーなんて、どこにでもいるオタクの高校生じゃないですか。でも、世の中を変えたわけですよ。世の中を変えるのに何が必要かって、一歩踏み出すことだけなんです。

村上 そういう行動力のある人間がいるの? 

堀江 僕は繰り返し繰り返し、しつこくしつこく「行動することが大事なんだ」っていうことをずっと言ってるわけです。バカでもいいと。だから、比較的他のコミュニティーに比べると行動するやつの割合が高いです。そこである程度のムーブメントができたら、勝手にHIUの外に居る優秀なやつらが「俺もヘルプするわ」ってなるんですよ。

村上 僕もディスカッションすること、チャレンジすることは大切だと思うから、これからは投資の教育をしたいと思ってる。日本はなぜかお金儲けが悪いことという考え方があるでしょ。今日、堀江の話をいっぱい聞かせてもらったけど、やっぱりお金をどう使うかが問題で。僕が投資家になったのも、父親にそういうことを教えてもらったことがきっかけになっている。だから、小学生、中学生に親と一緒に来てもらって、いろんな形でお金の話、投資の話を伝えていきたい。(「お金」の教育について〜小中学生の保護者の方へのメッセージ〜村上世彰オフィシャルサイト)

堀江 僕は「もう大学も要らないし、学校教育ってダメだよね」といつも言ってるけど、それもどんどん顕在化してますからね。

 時代を変えるのは、頭のねじが外れたようなファーストペンギンですよ。さらに重要なのは2人目。ファーストペンギンをサポートするセカンドペンギン。とにかく大事なのは1番目でも2番目でも行動することなんですよ。村上さんには「How to start a movement」という映像をぜひ見てほしいですね。YouTubeに上がってるんで。ムーブメントの起こし方を短い動画で表現しているんですけど。

村上 オッケー。今度HIUも見に行くよ。

(了)


 

構成:川内イオ 撮影:榎本麻美/文藝春秋

むらかみ・よしあき/1959年大阪府生まれ。1983年から通産省などにおいて16年強、国家公務員として務める。1999年から2006年までM&Aコンサルティングを核とする「村上ファンド」を運営。現在、シンガポール在住の投資家。今年の6月には『生涯投資家』(文藝春秋)を出版。

ほりえ・たかふみ/1972年福岡県生まれ。実業家、株式会社ライブドア元代表取締役CEO、SNS media&consulting株式会社ファウンダー。現在は、ロケットエンジンの開発を中心に、スマホアプリのプロデュース、有料メールマガジン配信、会員制コミュニケーションサロンの運営など、幅広く活躍。今年5月には『多動力』(NewsPicks Book)を出版。

(「文春オンライン」編集部)