このひとでも防衛大臣を続けられるぐらい、北東アジアは平穏無事なのだろう。そんな皮肉もいいたくなる。6月27日に稲田朋美防衛大臣が都議選の応援演説で「防衛省・自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい」と発言した問題である。

 これまで大切に守ってきた政治的中立を、大臣みずからぶち壊すのだからたまったものではない。防衛省・自衛隊にとっても迷惑千万だったにちがいない。

 この悪目立ちばかりする大臣を支えなければならない防衛官僚の苦労は察するにあまりある。


失言が続く稲田朋美防衛大臣 ©時事通信社

特徴が掴みづらい防衛官僚

 ところで、その防衛官僚である。防衛省・自衛隊はひとつの組織だが、制服組の自衛官にくらべ、背広組の官僚はあまり表に出てこない。かれらは一体いかなる存在なのだろうか。

 前回に引き続き、今回も『月刊官界』を手がかりにしてみたい。これは、1975年11月から2005年2月にかけて刊行された、官僚業界に特化した雑誌である。

『月刊官界』の持ち味は、官僚個人への着目だ。そこから組織風土も窺い知れるわけだが、その筆致は相変わらず容赦がない。


グラビアから地方自治体の人物研究まで内容が充実の『月刊官界』

 ある防衛官僚は「飲む、打つ、買うのなんでもござれ」であり、また別の防衛官僚は「怒るとメチャメチャで精神構造が狂ってるんじゃないか」と部下に陰口を叩かれたという。

 現在なら、週刊誌のネタや訴訟沙汰になりかねない。良くも悪くも大らかな時代の産物である。

 ただ、同雑誌でも防衛官僚はどうも特徴を掴みづらい。文部官僚は昔から地味だとか、外務官僚は性格がソフトだとか、警察官僚は居丈高なので選挙に出ると苦労するとか、そういう全体的な話がほとんどないのだ。

寄せ集めの「外人部隊」「しろうと官庁」

 それもそのはず、防衛官僚は長らく寄せ集めであり、他省庁にくらべて一体性に乏しかった。

 防衛省の前身である防衛庁は1954年に発足した。防衛庁はさらに遡れば警察予備隊本部を主な前身としたため、当初は旧警察(内務省)の元高官たちによって主要な人事が牛耳られていた。

 その後も、警察庁や大蔵省など他省庁から官僚が続々と送り込まれ、防衛庁が採用した生え抜きの官僚たちは長らく冷や飯を食わされた。


防衛庁が防衛省になるのは2007年のこと ©共同通信社

 事務次官は警察や大蔵省の出身者が独占。経理局長は大蔵省、装備局長は通産省、衛生局長は厚生省の出身者の事実上の指定席だった。

 防衛庁生え抜きの次官が誕生したのは、なんと1988年6月、西広整輝のときのことなのである。

 そのため、防衛官僚はときに「外人部隊」といわれた。制服組に比べて専門性や企画・立案能力に乏しく、かれらが作ったたたき台に赤えんぴつで修正を入れるだけなので、「編集者」とも称された。

『月刊官界』の1982年10月号に寄稿した菊池武文(西日本新聞編集委員)は、防衛庁にたいして「しろうと官庁」「半しろうとの集団」と手厳しい。それでもうまく立ち回れたのは、野党が勉強不足だったことに尽きるという。

次官レースを制して“防衛庁の天皇”が生まれるまで

 とはいえ、時代とともに防衛庁にも生え抜きの官僚が育ってきた。そのもっとも有名な例が、良くも悪くも、防衛省発足時に初代事務次官に就任した守屋武昌(1971年入庁)である。


『月刊官界』のグラビア「新事務次官」で紹介される守屋武昌防衛事務次官(当時)

 守屋は、民間企業をへて入庁したため、「異色」の官僚といわれる。課長時代から「行動力抜群」「すぐやる課長」「体格に似合わず、細かいところまで気が付く」などと評判を博し、政治家受けもよく、いつしか「将来の次官候補」との呼び声が高くなった。

 防衛政策課長としては1995年の新防衛大綱策定の中核を担当。沖縄の米軍基地問題では、対米交渉の先頭に立ち、タフネゴシエーターとして「米国でもっとも名の売れた防衛官僚の一人」となったという。こうしたことは専門性があればこそだ。

 もっとも、守屋は無人の荒野を行くがごとく次官まで登りつめたわけではない。かれの時代には、ほかにも優秀な生え抜きが存在した。

 そのひとりが、官房長などをつとめた柳澤協二(1970年入庁)である。柳澤は秀才型で、制服組・背広組問わず評判がよく、『月刊官界』上で気持ち悪いほどつねにべた褒めされた。

 その発想も柔軟かつ大胆で、広報課長時代には、広報誌『防衛アンテナ』を一新して『セキュリタリアン』と名づけ、「あなたの自衛官度チェック」「防衛庁OL委員会」などユニークな企画の掲載を後押ししたという。


『月刊官界』の各省庁官房長を紹介するグラビア「霞が関の“大番頭”たち」に登場したときの柳澤協二、守屋武昌官房長(当時)

 守屋は、こうしたライバルを蹴落として、2003年に次官レースを制したのである。異例にも4年間その職にあり、海千山千の自民党の国防族を圧して「防衛庁(省)の天皇」といわれるほどの権勢を振るった。退任に際して、人事をめぐり揉めていた小池百合子防衛大臣(現・東京都知事)を道連れにしたことはよく知られている。

 守屋は、防衛官僚の新しい姿を世に示した。ただ、収賄事件で晩節を汚し、悪い意味で有名になってしまった。

 他省庁でもそうだが、「〜年度組のエース」などと呼ばれる官僚は順当に出世するのにたいし、「異色」「異能」と呼ばれる官僚はなにかを仕出かすケースが少なくない。前回取り上げた文部省の高石邦男もしかり、守屋もまたしかりだった。

 このような不祥事はあったものの、安全保障の重要性が高まるなかで、防衛官僚も生え抜きがますます増え、専門家集団に変わってきているのも事実だ。やがて防衛官僚についても、その性格を適切に示すキャッチフレーズが生まれるにちがいない。

「しろうと官庁」から脱却したのに、政治家が足を引っ張っては話にならない

 2007年1月、防衛庁は防衛省に昇格した。その後、懸案の制服組と背広組の関係の見直しも進められつつある。

 だからこそ、文官統制ならぬ文民統制の要である防衛大臣の役割がなににもまして重要になってくる。ようやく「しろうと官庁」から脱却したのに、政治家が素人臭い言動でたびたび足を引っ張るようでは話にならない。

 一部報道によれば、安倍晋三首相は、みずからが取り立てた稲田氏を守りたいとの意向があるともいう。だが、お仲間を優先するのか、それとも安全保障を優先するのか、答えはおのずから明らかなはずだ。

 つぎの問題発言も目睫の間かもしれない。せっかく育った専門家集団をくだらない尻拭いにこれ以上用いるべきではあるまい。

(辻田 真佐憲)