メイム・ビアリク

写真拡大

大人気オタクコメディドラマ『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則で、エイミー・ファラ・ファウラーを演じるメイム・ビアリクが、声帯を痛めて1ヵ月静養することが明らかとなった。英Digital Spyが報じている。

先月29日(木)、メイムが病院にいる自身の画像を画像共有サイトInstagramに投稿して、「緊急外傷治療室で、検査待ちをしている写真よ。1ヵ月話せないの」とコメントを添えて、声帯を痛めたことを報告。のちに投稿された動画ではメイムの隣に座った女性が手話で、「上手く声帯を使えていなかったことが原因だ」とメッセージを伝えていた。

それまでにもメイムは、Instagramの動画やライブでビデオログを頻繁に発信してきたのだが、声を出すことができない間もビデオログは続けると伝えている。

1ヵ月も口がきけないとは気の毒だが、『ビッグバン★セオリー』シーズン11の撮影は6週間後にスタートするため、同シリーズへの出演に差し支えはないとのこと。すでに本作はシーズン12まで更新が決定しており、シーズン4からレギュラーに昇格したメイムも、出演料増額を条件に続投することが決まっている。

また、シリーズの主役シェルドンの子ども時代をテーマにしたスピンオフ『Young Sheldon(原題)』の製作も進行中で、『ビッグバン★セオリー』の人気が衰えを見せる気配はなさそうだ。

『ビッグバン★セオリー』シーズン11は米CBSにて9月25日(水)より放送予定。(海外ドラマNAVI)