株式会社PHP研究所は、ジブリアニメに出てくる様々な不思議を哲学で解き明かす「ジブリアニメで哲学する 世界の見方が変わるヒント」を7月4日に発売する。文庫判/237P/640円(税抜)。
ジブリアニメに登場する様々な不思議、人間を宙に浮かせる「飛行石」や、アシタカの受けた「呪い」、千尋の「神隠し」などは、いったい何を意味していたのだろうか。そこには、天才宮崎駿監督からのメッセージと我々人類にとって重要なテーマが隠されている。

本書では、宮崎駿監督の10作品中に出てくる「風」「森」「城」「海」などの主要モチーフを哲学的視点から考察し、作品に隠されたメッセージを解き明かす。映画のストーリーを楽しむだけでなく「あれは何を意味していたのだろう?」と深く考え、その裏の重要なテーマを知ることで、ジブリアニメをより深く理解することができ、作品に投影された私たちの生きる現実世界の本質を垣間見ることができるのだ。

人気哲学者・小川 仁志氏がジブリアニメを読み解く本書は、思考の楽しみに気づかせてくれ、楽しみながら頭がよくなる「思考の新しい鍛え方」の本でもある。今まで見えなかった観点からジブリ作品を眺めることで、もう一度ジブリアニメを見返したくなる一冊だ。
株式会社PHP研究所
価格:640円(税抜)
小川仁志 著
URL:http://www.php.co.jp/
Amazon:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569767311/
2017/06/04