犬と人間のラブストーリー!? ラッセ・ハルストレム監督最新作『僕のワンダフル・ライフ』9月公開

写真拡大

 『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』『ギルバート・グレイプ』のラッセ・ハルストレム監督最新作『A Dog’s Purpose(原題)』が、『僕のワンダフル・ライフ』の邦題で9月29日に公開されることが決定した。

参考:『ハクソー・リッジ』は戦争を題材にしたヒーロー映画だ メル・ギブソンが再現した地獄の戦場

 本作は、ニューヨーク・タイムズのベストセラー第1位の座を1年以上キープし、これまでに世界29か国で20の言語に翻訳されている、W・ブルース・キャメロンのベストセラー小説が原作の“犬と人間のラブストーリー”。最愛の飼い主であるイーサンに会うために、50年で3回も生まれ変わった不死身のゴールデン・レトリバー、ベイリーの姿を描く。

 全く異なる4つの“犬生”を生きる本作の主人公ベイリーは、物語の中でゴールデン・レトリバー、ジャーマン・シェパード、コーギー、セント・バーナードとオーストラリアン・シェパードのミックスと姿を変えていく。『アナと雪の女王』でオラフの声を演じ、実写版『美女と野獣』でル・フウ役を演じたジョシュ・ギャッドが、その声を担当している。

 また、若き日のイーサン役を『リバーデイル』のK・J・アパ、成人したイーサンを『エデンより彼方に』のデニス・クエイド、イーサンの初恋の人ハンナを『トゥモローランド』のブリット・ロバートソン、大人になったハンナを『ツイン・ピークス』のペギー・リプトンが演じる。(リアルサウンド編集部)