アーセナルFWジルーのエバートン行きで実現!? 4クラブ間でストライカー玉突き移籍も

写真拡大

アーセナル、チェルシー、エバートン、リヨンで入れ替わるようにストライカーが移籍か

 アーセナルのフランス代表FWオリビエ・ジルーにエバートン移籍の可能性が浮上している。

 英紙「サン」は、移籍金2000万ポンド(約29億円)のオファーを準備していると報じた。ジルーがエバートン移籍となれば、アーセナルとチェルシー、フランスのリヨンを交えた4クラブによる大型の玉突き移籍が発生する可能性もある。

 今夏の移籍市場最大の注目株となっているのはエバートンのベルギー代表FWロメル・ルカクだ。昨季のプレミアリーグで25得点を挙げた24歳は、古巣チェルシーが獲得に乗り出している。チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督にとって悲願のターゲットで、エバートンの要求額1億ポンド(約146億円)を支払ってでも獲得するようにクラブへ伝えたと報じられた。

 そのチェルシーはFWジエゴ・コスタがアトレチコ・マドリード復帰に向かっているなか、アヤックスに期限付き移籍していたブルキナファソ代表FWベルトラン・トラオレをリヨンへ放出している。

 さらにリヨンからはフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットがアーセナル移籍へ近づいている。正式発表はまだされていないものの、ドイツ代表MFメスト・エジルを超えるクラブ史上最高額の5000万ユーロ(約64億円)というビッグディール成立が確実となっている。

 そして、エバートンがアーセナルからジルーを引き抜く事態となれば、4クラブの間で入れ替わるようにアタッカーが移動することになる。4クラブを交えたストライカーの玉突き移籍は実現するだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images