画像提供:マイナビニュース

写真拡大

俳優の柄本明が、テレビ東京系新ドラマ24『下北沢ダイハード』(7月21日スタート 毎週金曜24:12〜)のエンディングに出演することが4日、わかった。

同作は小劇場界の最先端で活躍する人気劇作家たちが集結し、下北沢を舞台に”人生最悪の一日”をテーマに設定も登場人物も変わる1話完結型のコメディー・ドラマ。古田新太が町のうらぶれたスナックの常連客、小池栄子がお店のママを演じ、2人が下北沢で起きた“人生最悪の一日”を語り始めるところからドラマが始まる。

エンディングテーマ曲は、雨のパレートによる書き下ろし楽曲「Shoes」に決定。さらに、ED映像では下北沢歴40年になるという柄本が夜の下北沢をジャージ姿で自転車に乗ってブラブラする。

柄本は撮影中、あまりにも自然に街に溶け込んでいたため、街の人から一緒に飲みに行こうと誘われる一幕も。撮影を終えた柄本は「まあ普段、住んでいるところですからね。こんなもんです」とひょうひょうと答えた。

(C)「下北沢ダイハード」製作委員会