岡田結実(撮影:竹内みちまろ)

写真拡大 (全2枚)

 4日放送の『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日)では、アキラ100%が生放送で新ネタを披露。出演者の岡田結実が目を覆いながらアキラの芸を鑑賞した。

 この日アキラは妻の父親からの激励を受け、満身の思いを込めての新ネタ披露。この日のスタジオは、ニュースのセットのようなデスクがあり、そこにMCの中居正広や岡田らゲストが座る形式。 アキラはデスクの前に出て、出演者に背中を向ける形でのパフォーマンスとなった。

 「ほんと気をつけてね、生放送なんだから!」と中居が激を飛ばす中、当然のように後ろに関してノーガードなアキラに対し、「うわぁ、すごい見える〜!」と叫んだ岡田。自分の手で壁を作り、斜め前に立つアキラの丸見えの後ろ姿が隠れるように調節する岡田の様子が映し出された。ところが、アキラ言うところの「ちょっと胸キュンな新ネタ、中学生男子」が始まると、アキラはまさかの岡田の目の前に移動。しかも、告白シーンを再現するというこのネタでは、カメラに向かって横向きにアキラが立ち、お盆は前向きで局所を隠すというものだったため、岡田にはいやがおうでもお盆の向こう側が丸見え状態に。

 この突然の出来事に岡田は思わず「いやぁぁ〜」と絶叫。その後は大爆笑しながら「まさか移動するとは思わなかった!」と肩で息をしながら衝撃を口にしたが、中居には「ギリギリでもなんでも(なくて)普通にアウトだからね!」とつっこまれてしまう顛末となった。