iOS11で追加される、運転中にiPhoneの通知をオフにする「運転中モード(Do Not Disturb While Driving)」が動作する様子を、米メディアAppleInsiderが動画で紹介しています。

電話着信通知を相手によって許可する設定も可能

「運転中モード(Do Not Disturb While Driving)」は、iOS11でカスタマイズ可能になったコントロールセンターでオン/オフを切り替えます。
 

 
このモードを使わない方は、コントロールセンターから外しておくこともできます。
 

 
「運転中モード」がオンでも、電話着信の通知を許可する相手先や、3分以内に同じ相手から電話がかかってきた場合の通知を許可するかどうかも設定可能です。
 

電話は留守電、メッセージには自動返信

通常、電話がかかってくると、自動的に留守番電話に接続されます。
 

 
メッセージが届くと、自動返信メッセージが送信されます。ただし、メッセージの冒頭に「緊急(urgent)」と付けられている場合は、通知が届きます。
 

 
自動返信メッセージの内容は、自分で編集可能です。また、自動返信メッセージを送信する相手も、全員、お気に入り登録した人、最近の履歴から選択できます。
 

マップや音楽は利用可能

マップ機能は通常と同様に使用可能です。
 

 
音楽の再生も操作可能です。
 

 
「運転中モード」がオンの状態でiPhoneのロックを解除するには、「運転中ではありません」か「運転中モードを解除」のどちらかを選択する必要があります。
 

 
先日、AppleInsiderが検証した結果、自動車のBloetoothやWi-Fiに接続していない場合に走行中と認識される速度はおよそ時速20km/hであることがわかっています。
 
動画はこちらからご覧ください。
 

 
 
Source:AppleInsider
(hato)