彼氏となかなか会えない時のLINE術 ベタだけどハートの絵文字はやっぱり効果的♡

写真拡大 (全4枚)

新年度が始まって数カ月が過ぎ、彼氏の仕事が忙しくて構ってもらえない……という女子もいるのでは? 今回は、彼氏の仕事が忙しくてなかなか会えないときのLINEテクについて、一緒に考えてみましょう!

1.「仕事頑張ってね♡(ハートマーク)」で十分気持ちは伝わる



男って、基本的には自分のことを応援してくれている人に気持ちがつながっています。なので、彼に、「私はあなたのことを応援しているよ」という気持ちが伝わればそれで十分。たとえば単純に「今日もお仕事頑張ってね」という内容のLINEを送ると、彼はうれしく思います。忙しくてなかなかあなたに会えないとしても、ちゃんと気持ちがあなたにつながってるんですね!

ハートマークを入れるべし!
「私はあなたのことを応援しているよ」という文章を送ってもいいでしょうし、そういうスタンプがあれば送ってもいいと思います。が、やっぱりハートマークはあったほうがいいでしょう。「お仕事頑張ってね、ハートマーク」にするとか、あるいはスタンプにハートマークが入っていなければ、スタンプを送った後にハートマークだけ別に送るとか。

ハートマークを送ることに恥じらいを持つ女子もいるかと思いますが、男子ってわかりやすいものにしか反応しないところがあるので、勇気を持ってハートを使いましょう♡

2. 「仕事が落ち着いたらご飯行こうよ!」と先のご褒美を想像させる


男女ともにそうだと思いますが、未来の楽しいことが具体的に想像できれば、それだけで今を頑張ろうという気持ちになれますよね。たとえば、あなたが彼氏に「仕事が落ち着いたらご飯に行こうね」とLINEを送ると、それは彼氏にとって頑張れる源泉となります。

過去のことと現状に対する不満は苦手
彼氏の仕事が忙しくてなかなか会えないとなれば、彼女としてさみしく「たまには私のことも構ってよ」と言いたくなる人もいるかもしれません。でも男子って、そういう彼女の気持ちを“重い”と思います。男子は過去に関することと、現状への不満、この2つにアレルギー反応を起こすところがあるのです。常に未来のことをポジティブに考えているからアレルギー反応を起こす、というわけでもありません。ネガティブな考えの男子だっていますが、なぜか彼女に過去のことを言われたり、現状に対する不満を言われたりしたら、それだけでもう「うぜっ!」と思ってしまうんですね。

明るい未来を二人で共有することで、忙しくて会えない彼氏に元気を与えつつ、あなたも明るい未来をイメージして、日々元気に暮らしてみては?

3. 彼氏が暇な時間を狙うべき



どんなに忙しい人にだって、暇な時間はあります。たとえば「今日も徹夜した」と言う彼は、明け方までずっと不眠不休で必死に仕事をしていたのか、といえばそうでもなかったりします。

夜の10時くらいにお腹が減って、会社の近所のコンビニに食べ物を買いに行き、そこで興味をそそる雑誌を発見し、それを買ってご飯を食べながら雑誌を読んで、気がついたら日付が変わる頃……急いで仕事を再開し、明け方の3時に眠たくなり、10分仮眠して起きたらすでに集中力が湧いてこなくなってダラダラと始発まで会社で時間を潰した……ということもあるのです。

遠慮しなくてもいい
彼氏が仕事で忙しいとなると、どうしても彼女としては連絡するのをためらってしまうこともあるかもしれません。でも、ためらう必要なんてありません。鬼のようにLINEしまくるとか、電話しまくったら、きっと彼に嫌われますが、常識の範囲でドンドンLINEしちゃえばいいのです。彼は暇な時間にそれを読んで、ちゃちゃっと返信してくれますって!

4. 未開封・既読スルーにネガティブな感情を抱かないこと



これは忙しい彼・暇な彼に共通して言えることですが、男子は女子ほどにLINEの未開封や既読無視にあまり興味がありません。興味があるとすれば、それは彼女に振られそうなときか、彼女が浮気しているのではないか? と不信に思っているときです。
それ以外のとき、男子は忙しいと平気で開封しないし、開封したとしても返信しないということです。そこにまったく悪気がないのです。「ああ、おれが返信しなかったから、へそを曲げてるの? ま、しょうがないじゃん、後で返信しようと思ってたんだからさ」で、話はおしまいです。

質問文だとソッコーで返信が来るはウソ?
LINEの最後を質問文にすれば、ソッコーで返信してくるなんて言われていますが、急いで質問に答えないといけない場合を除いて、質問したからといってソッコーで返信してくる男子も少ないでしょう。これも「男子は過去に関することと、現状への不満、この2つにアレルギー反応を起こすところがある」という基本のとおりです。「やがて彼氏から返信がくる」と信じて待っているといいです。返信がこなければ、後で彼に文句を言うといいです。「返信を待ってたのに、なんで返してくれなかったの?」と。
文句を言えば、多少は態度を改めてくれるでしょう。文句を言えない場合は……カップルの危機だと思って、ちゃんと応援しているという姿勢を彼に示してあげるといいです。



いかがでしょうか。
若い男子は、今、仕事の基本を覚える時期です。男は20代で必死になって仕事を覚え、それが30代で花開き、開いた花を大切にしていると幸せな40代を迎えます。つまり忙しい彼氏は、人生の基礎を汗を流しつつ構築しているということです。
あなたが彼のことを愛しているのであれば、まずは応援している姿勢がよくわかるLINEを彼に送ってあげてはいかがでしょうか。
(ひとみしょう/studio woofoo)