柳楽優弥

写真拡大

3日放送の「深イイしゃべくり合体SP」(日本テレビ系)で、俳優の柳楽優弥が、激太りしていたころに故・歌舞伎俳優の中村勘三郎さんから引退を勧められたと明かした。

番組では、柳楽をゲストに招き司会の上田晋也らとトークを繰り広げた。その一環で柳楽が太っていた時代を振り返る。当時18歳だった柳楽はストレスで暴食したらしく、今のルックスとはかけ離れた小太りな顔写真に、観覧席から驚愕の声があがった。

柳楽は、その容姿のせいで周囲から叱責を受けたらしく、中でも生前の中村さんからは「君は見栄えが悪いから、俳優辞めなさい」と厳しいひと言を浴びせられたそうだ。

さらに、柳楽と中村さんとの接点はこの一度だけだったようで、上田は「(会ったのが)1回でなかなか言わないよね」「この子には言ってあげなきゃダメだって、勘三郎さんも思われたんだろうね」と、この逸話に感心すると、柳楽は「本当にありがたくって」と漏らしていた。

柳楽は、この言葉がきっかけで「見栄えが良くなりたい」と、その後のダイエットの大きな原動力になったと明かしている。その後、3カ月あまりで約20キロの減量に成功したということだ。

【関連記事】
ANZEN漫才・みやぞんが「しゃべくり007」のタブーを犯す
明石家さんま NHK大河ドラマ「元禄繚乱」の出演シーンを全カットされた過去
片岡愛之助 嵐・櫻井翔とのプライベートでの遭遇を明かす「ダサい服着てた」