【詳細】他の写真はこちら

これでもっと気軽に身につけられます。

腕時計のバンド部分にスマートウォッチ機能を詰め込んだ、ソニーの『wena wrist(ウェナリスト)』。その新モデルとして『wena wrist leather(ウェナリスト レザー)』が12月下旬に発売されることになりました。価格は8380円(税別)です。



また、従来の『wena wrist』のステンレスバンドの単品販売も7月11日から開始されます。価格はシルバーモデルが3万3880円、ブラックモデルが3万6880円(いずれも税別)。

レザーバンドでもピピッと支払い





『wena wrist leather』では、内蔵されたFeliCaモジュールにより、交通機関や小売店で電子マネー機能(現状は楽天Edyのみ対応)を利用できます。レザーバンドのクラシカルな腕時計でピピッと電子マネー支払いができるのはなかなか新鮮な体験になるのでは。なおステンレスバンドとは異なり「おサイフリンク」アプリには対応していません。

レザーバンドの素材には国内加工の「カーフレザー」を採用。革製品らしく、使い込むほどに風合いが増すんだとか。また内蔵されたFeliCaモジュールは防滴/防湿仕様となっており、雨や湿気に起因する故障の心配はなさそうです。なお、『wena wrist leather』のラグ幅は18mm、20mm、22mmの3種類で、カラーラインナップは18mmモデルがブラック/ワインレッド/ホワイトの3色、20mmモデルと22mmモデルではブラック/タウニーブラウンの2色が用意されます。

撮影/編集部 文/塚本直樹

関連サイト



wena wrist公式サイト