補強進まぬチェルシー、なんとデル・アリ獲得へ?

写真拡大

『The SUN』は2日、「チェルシーのアントニオ・コンテ監督は、1億7600万ポンド(およそ253.8億円)を投じて2名を獲得しようとしている」と報じた。

その目標は、トッテナムのイングランド代表MFデル・アリと、エヴァートンのベルギー代表FWロメル・ルカクであるそうだ。

昨季プレミアリーグ優勝を果たしたチェルシー。チャンピオンズリーグ出場権を獲得したため、チームの戦力増強が求められる状況にある。

しかしながら、数名の若手選手を放出し、ジエゴ・コスタに戦力外通告を行った一方で、ここまで補強はGKウィリー・カバジェロ程度。

今一つシーズンの準備が進んでいない状況のなか、すさまじい額の投資で大物を引き入れようという意向があるようだ。

トッテナムで鮮烈な活躍を見せているデル・アリには、なんと8800万ポンド(およそ126.9億円)という額を準備する用意があるとのこと。

さらにルカクの獲得にも同じ8800万ポンドを費やす可能性があるとのことで、かなりの大型投資になる様子だ。

現在噂になっているティエムエ・バカヨコに加えてこの両名を獲得することが出来れば、チャンピオンズリーグの準備は整ったも同然であろうが…。