300万ダウンロードを達成した大人気ファンタジーRPG『BRAVELY DEFAULT FAIRY’S EFFECT(ブレイブリーデフォルト フェアリーズエフェクト)』(以下、BDFE)にて、新章となるストーリー8章が解放されています。

今まで張り巡らされた伏線を少しずつ回収しながら、登場人物それぞれの思惑が交錯していきますよ。


8章プロローグ

ゲキテツより語られる火の民の末裔、鉄砲衆が辿ってきた歴史。 ゲキテツの思いをよそに、鉄砲衆の少女ヒナワは、盾派が主催する名銃大会に出場し、予選を順調に勝ち抜き「名銃十傑」入りを果たす。

ヒナワが扱う特異な長銃とその出自に目を付けた 盾派の参謀ワッツラーの脳裏に、ある非道な計画が浮かび上がるー。

一方、主人公たちのもとに、正教や公国に逆らう闇の勢力のリーダー“闇のデニー”より「幻影海賊団」討伐の依頼が届く。

今章終盤にて、ついに明かされる謎の女ミストの正体。彼女から告げられるこの世界や、エース、リズたちにとって重要なあることとは?

そして、主人公たちの前に再度現れる血斧騎士団「死の将ワーレン」の目的は?

今まで張り巡らされた伏線を少しずつ回収しながら、登場人物それぞれの思惑が交錯していく8章をお楽しみください。


8章において重要な役割を担うキャラクター&キャスト情報

【血斧死の将ワーレン(CV.藤沼建人)】

血斧二十四将のひとり。エイゼンベルグの山中に隠れ住んでいたところを「血斧九の将ダラケ」の訪問を受ける。


【ゲキテツ(CV.中博史)】

少数部族「鉄砲衆」の長でヒナワの父親。カッカ火山を信仰する火の民の末裔とされ、人里を離れ、山野に隠れ住んでいる。


【ヒナワ(CV.逢田梨香子)】

少数部族「鉄砲衆」の長、ゲキテツの一人娘で15歳。 偉大なる鉄砲衆の名を世の中に知らしめたいと常日頃から思っている。