基礎から作るほうが速い! トレーニングに必要な7つの能力

写真拡大 (全2枚)

トレーニングをすると、見た目の美しさやキレを手に入れることができます。また、機能的にも疲れに負けず、怪我もしにくい体へと変化。それが、トレーニングを継続する上でのモチベーションにもなり、心にもいい影響を与えてくれます。その効果、より高めてみたくないですか?

今回は、いざという時に最大のパフォーマンスを見せる、アスリートが持つべき7つの能力に注目してみました。

身体と心の総合的なレベルを上げる7つの能力

柔軟性、筋力、しなやかさ・機能性、持久力、敏捷性、リカバリー、メンタルコントロールの7つ。最近、体がなかなか変わらないなと感じていたら、この中のいずれかに弱点があるのかも! まずは、自分に何が足りないかよく観察して強化し7つのバランスを整えていくことが重要です。

それぞれの能力は心や体にどう影響しているの?

柔軟性…考え方を柔軟にして視野を広げる
筋力…体力の向上につながりハツラツとした心を作る
しなやかさ…軸を安定させ、なめらかに動く
持久力…粘り強さ
敏捷性…フットワークの軽さ
リカバリー…疲れにくく怪我をしにくい体
メンタルコントロール…ちょっとやそっとではくじけない心と体の維持

トップアスリートは、この7つの能力がキレイに円を描くようにバランスよく、かつ高い状態で備わっています。どれか一つ突出しても、欠けてしまってもいいパフォーマンスはできないのです。

とはいえ、そこまでの高みにいない私達は、一足飛びに上がれるわけではないから、しっかりと基礎から積み上げていきましょう。ここを怠ると怪我のもとになったり、結局芯からのパワーを発揮できなくなっていまいます。だから、大事なのは基本をきちんと行って、厚みのある土台を作っていくこと。ここだけは怠らないでくださいね。

その上で、この7つの機能をバランスよくアップすれば、人間力が輝きだし、トレーニングだけでなくライフスタイル全体をより豊かに変えてくれそうですね。

 

ライター:北川彩
出展『Training for Woman vol.03』革命トレーニング
監修:三浦香織/パーソナルトレーナー。デポルターレクラブ、チーフトレーナー。