ヒルトングループ上級ブランドの「コンラッド」が大阪に進出

写真拡大 (全2枚)

 近年、東京や大阪など大都市に続々と進出してきた外資系の高級ホテルだが、ここにきてその主戦場が地方に移りつつある。沖縄をはじめ有名観光地やリゾート地での開業を目指す外資系ホテルの狙いとは──。ホテル評論家の瀧澤信秋氏がレポートする。

 * * *
 2007年問題、2014年問題と業界を賑わした東京への外資系ホテルの進出も一段落した感がある。大阪へも世界ブランドの進出は続いてきたが、今年6月に開業した「コンラッド大阪」以降目立つトピックはない。

 外資系と一括りにしてもブランドは様々。コンラッドはヒルトンの上級ブランドであるし、同じく大阪のセントレジスはシェラトンやウェスティンなどで有名なスターウッドの上級ブランド。そのスターウッドを買収しまさに世界最大のチェーンとなったマリオットも多彩なブランド・カテゴリーを展開する。

 新大阪駅に近接する「コートヤード・バイ・マリオット 新大阪ステーション」はマリオットのカジュアルブランド。駅徒歩1分という立地条件ゆえ、インバウンドの観光客はもちろんであるが、ビジネスパーソンの取り込みも重視している。

 カジュアルブランドといったカテゴリーには珍しく、エグゼクティブラウンジも設置されており好評だ。支配人の木村規子氏は、「利便性と機能性を重視しつつ、世界ブランドとしてのスタイリッシュさとクオリティを保つことを大切にしている」と言う。

 大都市部に進出してきた外資系ブランドは多彩な展開を見せてきたが、国内進出の今後を見ると観光地・リゾート地への進出予定が目立つ。

 中でも沖縄では、「ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄(2018)」「ダブルツリー・リゾートbyヒルトン沖縄北谷(2018)」「マリオットリゾート&スパ イシガキジマ(2019)」「フォーシーズンズホテル沖縄(2020)」とオリンピックイヤーまで開業が目白押し。

 沖縄以外に着目してみると、「ハイアット リージェンシー 横浜(2019)」「パーク ハイアット 京都(2019)」「パーク ハイアット ニセコ HANAZONO(2019)」「リッツ・カールトンリザーブ ニセコ(2020)」「ザ・リッツ・カールトン日光(2020)」など、有名観光地・リゾート地を外資系ホテルが席巻しそうだ。(カッコ内は開業予定年)。

 いずれも、堅調なインバウンド需要も視野に入れつつ、国内の富裕層もターゲットにする。「繊細なサービスを求める日本人客にも支持されるホテルづくりが重要だ」と関係者はいう。

 依然としてインバウンド需要に沸くホテル業界。これら外資系ホテルもインバウンドに着目しているのは当然である一方、ワールドクラスのホテル進出は、われわれ日本人にも関心のあるニュースだ。

 外資系ラグジュアリーホテルを日常的に利用しているのは富裕層といわれる人々と言われるが、記念日やイベントごとなど一般的にもその存在は重要といえる。何より洗練されたサービスやホスピタリティ、上質な設えなどに触れられる機会は貴重だ。

 外資系ホテル、ラグジュアリーホテルの進出を望む声は、名古屋、福岡、札幌というような大都市でも根強い。

 例えば、名古屋。以前からラグジュアリーホテルが足りないと言われている。東京や大阪、京都、沖縄にあるリッツカールトンをはじめ、福岡にもあるハイアットといったブランドも進出していない。今秋、名古屋プリンスホテル スカイタワーの開業は予定されているものの、帝国、オークラ、ニューオータニといった元祖御三家も名古屋には進出していない。

 中部大学特任教授の細川昌彦氏によると、都市の発展にとっても、外資系を中心としたラグジュアリーホテルの存在は重要だという。

「MICE(国際会議などビジネストラベル)の誘致、開催にはラグジュアリーホテルの存在が不可欠で、スイートルーム数など一定の条件をホテルはクリアしなければならない」

 ラグジュアリーホテルの存在は、都市の文化的成熟度をはかる物差しのひとつともいえるのかもしれない。

 ただ、外資系ホテルの地方進出には課題もある。ホテルブランドと所有や運営は各々異なることはよく知られていることであるが、世界ブランドのホテル進出には、やはりそれを担う企業がキーポイントとなる。成功の算段がなければ進出が難しいのは当然だ。

 北の都札幌でも世界ブランドのホテルを望む声が強かった。一時、某チェーンのホテル進出プランが検討されたが「閑散期である真冬のことを考えるとやはり難しかったのでは」と地元のホテル関係者はいう。別のホテル関係者は「地域特性を知り尽くした運営会社でないと札幌への進出は大変」ともいう。

 またホテルの増加で、シティ、ビジネスなど様々なホテルの経営者や支配人との話で話題になるが“人材”の問題だ。グランドホテルの開業ともなれば優秀な人材を数多く集めるのが困難なため、引き抜きも激化するという。

 ホテルマンにとって外資系ホテルはある種“憧れの職場”だという声もよく聞く。知己のホテルマンでもこのところ、「ステップアップの機会に繋がる」と日本のビジネスホテルから外資系デラックスホテルへ転身した者が何人もいるが、人材確保の面でも「外資vs内資」という構図ができつつあるようだ。

■写真提供/瀧澤信秋