スタンフォード大学発の自動運転企業「Drive.ai」 海外展開を始動

写真拡大

自動運転技術の開発競争が激化する中、カリフォルニア州マウンテンビューに本拠を置くDrive.aiが、シリーズBラウンドで5000万ドル(約56億円)を調達したことを明らかにした。今回の調達を機に、著名なAI研究者であるAndrew Ngが同社の取締役に就任する。

Drive.aiの共同創業者兼CEOのSameep Tandonによると、今回のラウンドを主導したのはシリコンバレーのベンチャーキャピタル、New Enterprise Associatesで、他にGGV CapitalとNorthern Light Venture Capitalが参加したという。Drive.aiは、スタンフォード大学の人工知能研究所の若い研究者らによって2年前に設立され、企業や政府、ライドシェアサービス向けにディープラーニングを用いた自動運転ソフトを開発している。

「我々が対象としているのは、ライドシェアや物流などで使用される稼働率の高い車両だ。運ぶものがピザだろうと、荷物だろうと、人だろうと、今ある最も効率的な輸送手段に対抗できる自動運転ソリューションを顧客に提供したい」とTandonは話す。

Drive.aiは、2016年にシリーズAで1200万ドルを調達している。同社は、今回調達した資金を研究開発費や、海外展開を図るための従業員の拡充に充てるとしている。Tandonは、進出する国名については明らかにしていない。現在、同社には約70名のコンピュータサイエンティストとエンジニアが在籍しており、自動運転ソフトの開発や、テスト車両用センサーの組み立てなどを行っている。

今回の資金調達を機に、スタンフォード大学コンピュータサイエンス学部のAndrew Ng教授と、New Enterprise Associatesでアジア地域の責任者を務めるCarmen ChangがDrive.aiの取締役に就任する。NgはバイドゥやグーグルでAIプロジェクトに携わった経歴を持つ。

「今や自動運転技術はディープラーニングに完全にシフトしている。Drive.aiは、この分野で他社を大きくリードしており、最先端の自動運転ソフトの開発に取り組んでいる」と彼は声明の中で述べている。Ngの妻は、Drive.aiの共同創業者で社長を務めるCarol Reileyだ。

アルファベット傘下Waymoと激闘開始

Drive.aiにとって最大のライバルの一つが、アルファベット傘下のWaymoだ。Waymoは、グーグルの自動運転技術を商業化するために昨年設立された企業だ。同社は、自動車メーカーやライドシェアサービスなどと積極的に共同プロジェクトを展開している。

Drive.aiは他にもAurora InnovationやArgo AI、nuTonomyなどと競合している。Aurora Innovationは、グーグルの自動運転プロジェクトの元責任者であるクリス・アームソン(Chris Urmson)と、テスラのオートパイロット技術の元開発責任者であるスターリング・アンダーソン(Sterling Anderson)が立ち上げた会社だ。Argo AIは、グーグル出身のBryan Saleskyが設立した会社で、フォードが支援している。nuTonomyは、シンガポールで自動運転車を使ったライドシェアの試験営業を2016年から実施しており、リフト(Lyft)と共同でパイロットプログラムも展開している。

Tandonによると、Drive.aiも自動車メーカーなどと提携して自動運転システムの公道テストを行う準備を進めているが、まだ公表できる段階にないという。ライバル企業の多くが個人向け車両をターゲットにする中、Drive.aiは政府や企業向けプロジェクトに特化することで差別化を図ろうとしている。また、先進的なディープラーニングの技術も同社の大きな武器だ。

Tandonは、現段階で他社に事業を売却することは全く検討していないという。「我々は、長期的に独立した企業であり続けたいと思っている」と彼は話した。