画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●医療ドラマから"医師ドラマ"へ変貌か

いよいよ夏ドラマが続々とスタートする。従来のリアルタイム視聴率に加え、録画視聴率、SNSでの拡散数など、さまざま指標でドラマ作品が評価されるようになってきた中で、データニュース社が運営する視聴状況調査「テレビウォッチャー」では"満足度"を集計。この膨大なデータを日々分析する研究員が、脚本家やプロデューサーが過去に手掛けた作品の"満足度"に焦点を当てながら、注目作品を紹介していく。

●「テレビウォッチャー」満足度調査概要

・対象局:地上波(NHK総合、NHK Eテレ、日本テレビ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、フジテレビ)

・サンプル数:関東1都6県、男性1,200+女性1,200=計2,400 ※回収数は毎日変動

・サンプル年齢構成:「20〜34歳」「35〜49歳」「50〜79歳」各年代男女各400サンプル

・調査方法:毎日モニターにテレビ視聴に関するアンケートを同じアンケートモニターへ配信、データを回収するウェブ調査

・採点方法:最高点を「5」とし、「3.7」以上を高満足度に基準

○脚本家変更がどう作用するか…『コード・ブルー』

夏ドラマで最も注目の作品といえば『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON』(フジテレビ系、17日スタート 毎週月曜21:00〜)だろう。山下智久、新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未、浅利陽介という第1シーズン、第2シーズンと変わらない豪華キャストが再集結し、ドラマを大いに盛り上げたMr.Childrenが歌う主題歌「HANABI」も引き継がれるなど、前作と"変わらないこと"が今作の期待値をさらに高めているのだが、実はテレビドラマの要である脚本家が、第1シリーズ・第2シリーズの林宏司氏から、安達奈緒子氏に変更されるという点が今作の注目ポイントだ。

安達氏は、小栗旬主演『リッチマン、プアウーマン』(2012年)や、松本潤主演『失恋ショコラティエ』(14年、ともにフジ系)、昨年は長谷川京子主演『ふれなばおちん』(NHK BSプレミアム)、今年1月期の小雪主演『大貧乏』(フジ系)など、最近注目の脚本家で、登場人物の職業をただの飾りにせず、"働くとは"を深く丁寧に描くことが特徴。前作までの『コード・ブルー』は、ドクターヘリを軸にした"医療ドラマ"的側面が強かったが、安達氏の加入で年月をへて成長したキャラクターたちのより濃密な"医師ドラマ"が展開されそうだ。

また安達氏は、一見軽そうなパッケージの中に深いテーマを忍ばせるため、これまでの作品の満足度推移を見ると初回は低く、それが浮き彫りになるドラマ中盤以降の盛り上がりが大きいことも特徴。『リッチマン、プアウーマン』では初回満足度3.51(5段階評価)から第9話で最高の4.01、『失恋ショコラティエ』も初回3.29から第8話で最高の3.90まで上昇させている。初回から注目度の高い今作は、その勢いのまま最後まで駆け抜けそうだ。

●『家政婦のミタ』脚本家に『逃げ恥』Pも

○賛否両論呼ぶ遊川脚本『過保護のカホコ』は結末に注目

反町隆史主演の初代『GTO』(カンテレ・フジ系)や、天海祐希主演『女王の教室』(日本テレビ系)、松嶋菜々子主演『家政婦のミタ』(同)など、"メガヒットメーカー"遊川和彦脚本の最新作が、高畑充希主演の『過保護のカホコ』(日テレ系、12日スタート 毎週水曜22:00〜)。

同枠で放送された『家政婦のミタ』『○妻』『偽装の夫婦』同様、遊川作品らしいキャッチーで、あらすじまで想像できるタイトルセンスには毎回脱帽。そして、賛否両論を巻き起こすのも遊川作品の特徴で、特に最終回の終わらせ方に注目だ。

テレビウォッチャーのデータが残る2012年以降の遊川脚本4作品うち、ハッピーエンドを迎えた『偽装の夫婦』『はじめまして、愛しています。』(テレビ朝日系)の平均満足度は、それぞれ3.79、3.70と高評価なのだが、バッドエンディングだった朝ドラ『純と愛』と『○妻』(※)は、それぞれ最終回で最も低い満足度を記録するという他のドラマにはない動きを見せている。

今作はどんな評価を視聴者がくだし、そしてどんなエンディングを迎えるのか。最後まで注目したい作品だ。

(※)『純と愛』満足度は全話平均3.38、最終回2.91/『○妻』全話平均3.67、最終回3.32

○高満足度ドラマPが手掛ける『わにとかげぎす』

ドラマのプロデューサーという点で注目なのは、古谷実の同名漫画を、くりぃむしちゅー有田哲平の連ドラ初主演でドラマ化すると話題の『わにとかげぎす』(TBS系、19日スタート 毎週水曜23:56〜)。

プロデューサーの峠田浩氏は、2015年のゴールデン・プライム帯ドラマの満足度ランキング3位の『コウノドリ』、翌16年では1位の『逃げるは恥だが役に立つ』と、高満足度ドラマを続けてプロデュースしている"高満足度ドラマメーカー"。いずれの作品も漫画原作だが、原作ファンを裏切らないドラマ化に成功しており、今作の期待も高い。

また同枠で峠田氏がプロデュースした『毒島ゆり子のせきらら日記』(16年)では、前田敦子に二股や不倫と奔放な恋愛をする過激な役を与え、『コウノドリ』に出演していた星野源に注目し、再度『逃げ恥』で起用し大ブレイクさせるなど、キャスティングの妙が光る。

今回も主演に有田哲平という時点でユニークだが、音楽ユニット「水曜日のカンパネラ」のコムアイや、ラッパーのDOTAMA、ACEが連ドラに初出演するなど、異業種からの抜てきが相次ぎ、深夜枠ならではの意外すぎるキャスティングも面白い。彼らがテレビドラマの中でどんな化学反応を起こすかにも注目したい。