今月6日、中国の鉄道当局は、北京南駅と雄安新区を結ぶ動車組(高速列車)を初めて2便運行する。中国鉄路総公司が1日の取材に対して明らかにした。写真は北京南駅。

写真拡大

今月6日、中国の鉄道当局は、北京南駅と雄安新区を結ぶ動車組(高速列車)を初めて2便運行する。中国鉄路総公司が1日の取材に対して明らかにした。新華社が伝えた。

運行区間は、北京南駅と保定駅の間で、D6655便/6便とD6657便 /8便。霸州西駅、白溝駅、白洋淀駅、徐水駅などで、乗り降りができる。北京南駅と雄安新区の間の主な駅が約80分で結ばれるため、雄安新区、北京、保定、石家庄市などの住民の往来が一層便利になる。

中国鉄路総公司の関連部門の責任者によると、同列車は、中央政府の北京・天津・河北省協同発展という重大な戦略のための計画を徹底的に実行し、国家戦略に貢献し、雄安新区建設という重大プロジェクトを支持するために運行が始まる。同列車の運行開始のために、鉄道当局は、北京地区の駅と一部の区間は運行便数が非常に多く、異なる路線をつなぐのは難しいという問題を克服し、運行計画を調整し、運営のために人員と設備を投入した。(提供/人民網日本語版・編集KN)