【詳細】他の写真はこちら

個別にカスタムするよりも求めやすく?

押しも押されもせぬ超高級自動車ブランドのランボルギーニが2015年に発表した『アヴェンタドール LP750-4 スーパーヴェローチェ ロードスター』。V12エンジンを積み750馬力を発揮するオープンカーとして華々しくデビューした同車両ですが、そのアヴェンタドールと、同車両からインスピレーションを得て製作された高速カスタムボートとのセットが『The LamBoat』として、海外サイトのJamesEditionで219万9000ドル(約2.5億円)にて販売されています。

ちょい事情あり?な出品





なんでも販売サイトによれば、現オーナーの「身内のアクシデント」により仕方なく手放すことになったとされるこの『The LamBoat』。どんなアクシデントなのかは明かされていませんが、ちょっと気になりますね……。なお、この車両とボートには、カスタム等を含めてすでに235万ドル(約2.6億円)がつぎ込まれているそうです。そう考えると、今回の販売価格はお得かも?

スーパーカーに負けない高速ボート





アヴェンタドールのペアとして製作されたのは、MTI社のボートのカスタム品『MTI 52’ Super Veloce』。最高1550馬力を発揮するマーキュリー製のレースエンジンを搭載し、最高速度はなんと約290km/hにも達します。アヴェンタドールよりは少し遅いかもしれませんが、新幹線並の速度で海上を爆走するボートはぜひ見てみたいもの。

船体やデッキはカーボンファイバーで仕立てられており、外装ペイントやシートなどの内装もアヴェンタドールにマッチするようにフルカスタム。オーナーがどれだけアヴェンタドール好きだったのかが窺えますね。

まるで新品状態!な車両





一方『アヴェンタドール LP750-4 スーパーヴェローチェ ロードスター』の方は、2016年に製造されたモデルで、走行距離は約1100km。車両保証もバッチリ残っています。車体は特別オーダーのカラーで塗装され、内装もフルカスタム。ホイールやマフラー、ステアリングなど、こだわり抜かれたカスタムパーツが採用されており、これを見れば約2.6億円という投資金額にも納得です。

JamesEditionは現在、購入希望者からのコンタクトを受け付けています。出品の動機が気にならないわけではありませんが、それでも一度はこんなゴージャスなボートとアヴェンタドールを転がす生活を送ってみたいものです。



文/塚本直樹

関連サイト



『The LamBoat』製品ページ(英語)