ビヨンセの夫、アルバム収録曲で不倫謝罪

写真拡大

ジェイ・Zが不倫をしたと、ニューアルバムで告白しているようだ。

ニューアルバム「4:44」のタイトル曲の中で、ジェイは、最近生まれた双子を含め3人の子供を共にもうけている妻のビヨンセに不倫を謝罪しているという。これはビヨンセがニューアルバム「レモネード」で、「(ジェイが)髪の綺麗なベッキー」と浮気をしたと示唆していたことに対する返答ではないかと見られている。

ジェイは次のように歌っている。

「俺のガキが知ったら、どうなる? 尊厳は失われて、俺は羞恥で死にたくなるだろう」
「誰と何をしたんだ? ソウルメイトがいるのに妾を作る、何のメリットがあるんだ? そんなことでブルーを失う危険を冒したのか?」
「いつも女遊びをしてしまう俺を許してくれ」
「双子が生まれた奇跡を授かり、この曲には少し遅すぎたかもな。俺は君につりあう人間じゃないんだ」

また、ビヨンセが参加している「ファミリー・フュード」でも次のようにも呟いた。

「あぁ、俺は大切なものを台無しにしてしまうのだろうか。ベッキー、俺を放っておいてくれ」