画像提供:マイナビニュース

写真拡大

俳優の山崎育三郎が主演するテレビ朝日系ドラマ『あいの結婚相談所』(28日スタート、毎週金曜23:15〜)の第1話に、加藤晴彦、市川由衣、小沢真珠がゲスト出演することが4日、明らかになった。

このドラマは、加藤山羊作画、矢樹純原作の同名コミックを映像化するもの。山崎演じる元動物行動学の准教授で結婚相談所所長の藍野真伍と、アシスタントのシスターエリザベス・猪田花子(高梨臨)が、毎回ワケありの依頼者をゲストに迎え、入会金200万円で願いを成就させていく。

実生活では、最近結婚して子供もいる加藤、市川、小沢は、そんなワケアリ依頼者として登場。加藤は「僕は結婚してすごく良かったと思います」と強調しながら、今作について「単に"結婚"だけを描くのではなく、実はそこに当人同士だけではない人たちの助け合いなどが隠れているということを描いている」と紹介した。

市川も「私は結婚して1年ちょっとですけど、良かったと思うことばかり」といい、「山崎さんの歌うシーンを間近で見ることができたのですが、目力がすごくて(笑)」と、ミュージカルスターの迫力を実感。

小沢は「(仕事と家庭の)両立は大変でもあるのですが、その大変さと同じぐらいの幸せを感じている」と話し、「山崎さんはとにかく爽やかでこの役がピッタリ。私は文句ばかり言いますが、この方にお任せすれば大丈夫、信用できると思いました(笑)」と信頼を寄せている。