ナポリ、ボルドーからアルジェリア代表MFウナス獲得! ユナイテッド関心の“NEXTロッベン”

写真拡大

▽ナポリは3日、ボルドーからアルジェリア代表MFアダム・ウナス(20)を完全移籍で獲得した。ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が自身の『ツイッター』で加入を認め、ボルドーの公式サイトも同選手の売却を発表した。

▽2015年にボルドーでトップデビューを飾ったウナスは、卓越した左足の精度とテクニックを併せ持った若手アタッカー。右サイドからのカットインを得意とする左利きのウイングは、フランス国内で“NEXTロッベン”と評されている。昨季はリーグ戦26試合に出場し、3ゴール2アシストを記録していた。

▽また、フランスとアルジェリアの二重国籍を持つウナスは、過去にU-20フランス代表でプレーをしていたものの、先日にアルジェリアのフル代表でプレーすることを選択した。

▽なお、『フットボールイタリア』の伝えるところによれば、ナポリは移籍金として1000万ユーロ(約12億9000万円)をボルドーに支払い、チャンピオンズリーグ本大会出場が決定した場合、追加で200万ユーロ(約2億5000万円)をボーナスとして支払うことになるようだ。また、ウナスとは2022年6月30日までの5年契約にサインする予定だ。