井浦新と瑛太の狂気がぶつかる!
 - (C)三浦しをん/集英社・(C)2017『光』製作委員会

写真拡大

 「まほろ駅前」シリーズや「舟を編む」などの直木賞作家・三浦しをんが人間の闇に迫った小説「光」を井浦新、瑛太、長谷川京子、橋本マナミらをキャストに迎えて実写映画化した映画『光』(11月25日公開)の特報映像が封切られ、人間の狂気を描くサスペンス映画の一部がお披露目された。

 本作は、殺人事件が起きた後に住んでいた島を津波が襲ったことで全てを失った幼なじみ3人がいびつな愛でお互いを振り回す、人間の心の底を描いた作品。島を出てばらばらに暮らしていた彼らに25年前の罪が迫り、人間の狂気を呼び起こす。

 公開された特報映像は、どこにでもいるごく普通のサラリーマンに見える信之(井浦)の姿、卑しい笑いを浮かべる輔(瑛太)が映し出されて始まる。そして世界的テクノDJジェフ・ミルズの音楽とともに画面は急転し、幸せそうな信之と南海子(橋本)の2人に不穏な声がかぶさり、信之と美花(長谷川)が妖しく寄り添う。音楽のさらなる高まりとともに映像は暴力と狂気を帯び、テーブルを蹴りあげる信之やほんの一瞬映る不気味な男性、輔の首を締める信之、そしてとぎれとぎれで青い「光」の文字へとつながる……。

 かねてから共演を望んでいた井浦と瑛太が狂気と怪物性を存分に吐き出し、長谷川と橋本が色気と母性をスクリーンに放つ本作。『セトウツミ』『まほろ駅前多田便利軒』『さよなら溪谷』などの大森立嗣監督がメガホンを取っている。(編集部・海江田宗)