あらゆるジャンルの最高峰が集まる銀座。そんな食の宝庫、銀座にはデートディナーが成功する名店が数多くある。そこで、今回は二人の距離を縮めることができる2軒を厳選してご紹介しよう。


2つ星フレンチで美味なる時を…
『ベージュ アラン・デュカス 東京』

スリリングな体験は恋に結びつきやすいと言われるが、そんな心理がデートにプラスに作用するのが高級フレンチ。たとえばフレンチの巨匠とシャネルが手を結ぶ『ベージュ アラン・デュカス 東京』は、凛とした緊張感のある空気に気分が上がる一軒だ。

「料理はファッションにおけるコレクションと同様、季節感を大切にするものです」というデュカスの考えに基づくコース(¥14,000〜税込サ別)は、重さを排除したモダンなスタイル。



人気の前菜「季節野菜のミジョテ、茸とアーモンド」は、蒸し煮にされた旬の夏野菜の香りが心地よい。お皿の底に敷かれたアーモンドとキノコのコクのあるペーストは、苦みが心地良いビール、例えば「ザ・プレミアム・モルツ」(¥840、税込サ別)などがおすすめだ。

ソースを重視する小島景総料理長シェフは蒸し野菜にもキノコのソースをかけるが、昆布出汁をベースとし、天然鯛の頭のゼラチンで濃度をつけるなど、体に負担をかけない工夫が嬉しい。

オークリーフ牧場の仔牛や塚原牧場の梅シャン豚など、素材を生かしたメインを堪能すれば、ふたりの心も軽やかに弾むはず。「おいしく食べることは、すばらしい人生を送ることでもある」そんなデュカス氏のメッセージを共有できたら、デートディナーは一歩、成功に近づいている。



デザートの名物は洋酒の効いたシロップを生地に染み込ませた「ババ・モンテカルロ風」。デュカスのモナコの旗艦店『ル・ルイ・キャーンズ』(三ツ星)と同じく、ラム酒またはアルマニャックを添えて。



シャネルの銀座ビルの最上階に位置する同店は、眺望がいいのも特徴だ。テーブル同士の距離も広くとられているので、プライベートな会話を気兼ねなく楽しむことができる。


見た目の美しさに彼女もメロメロ♡ 続いては極上イタリアンが登場だ!


ミシュランにも認められた最上級の美味がココに
『イタリア料理 フィオレンツァ』

イタメシという言葉が生まれたバブルの昔、デートディナーの舞台として不動のポジションを確立したイタリアン。幾度ものブームを経て本場のスタイルが定着した東京には、オステリア、トラットリア、リストランテと幅広い業態が存在するが、2007年にオープンした『フィオレンツァ』は最も上質な「リストランテ」の部類に属する人気店だ。

黒板に書かれた「本日の一品」は、「ハマグリと加賀太キュウリのジュレ トマト詰め」など、旬の食材を生かしたイタリア料理。日本の食材をイタリア的な発想で使いこなした料理は、外国人客にも好評だとか。



グランドメニューに並ぶのは、シェフが現地で食べ歩いて気に入ったイタリア全土の郷土料理。

様々なメニューに奪われ、なかなか今日の一品を選べないときは一旦、ビールで喉を潤そう。こちらで飲めるのは「ザ・プレミアム・モルツ」(¥700、税別)。このビールに合わせるなら前菜は、デュラム小麦の揚げパンに生ハムをのせた「トルタ・フリッタ」がおすすめだ。

揚げパンの熱で切りたてのパルマ産生ハムの脂が溶け、芳醇な香りが立つ。中が空洞になった揚げパンは、表面はサクッとしてフワモチの食感熱々の揚げパンをピッツァ感覚で食べられビールとの相性も上々。



壁に窓枠とイタリアの田園風景を描いただまし絵が印象的な店内は、トスカーナの片田舎の猗味いもの屋〞を思わせる、温かみのある雰囲気。



柔らかな明かりに誘われ、ふと足を止めてしまうような外観も素敵。¥4,000(税別)で楽しめるプリフィックスコースなど、リーズナブルなコースがあるのも嬉しい。