元ドイツ代表GKレーマン、古巣アーセナルのコーチングスタッフ入りへ!

写真拡大

▽アーセナルは、クラブOBの元ドイツ代表GKイェンス・レーマン氏(47)を新たなチームスタッフとしてチームに迎え入れることを決めたようだ。イギリス『テレグラフ』など複数メディアが伝えている。

▽2003年にドルトムントからアーセナルに加入したレーマンは、元イングランド代表GKデイビッド・シーマンからポジションを奪い、2003-04シーズンのプレミアリーグ無敗優勝を達成した“インビンシブルズ”の一員としてクラブ史に名を刻んだ名プレーヤー。2011年に2度目の加入となったアーセナルで現役を引退して以降は、母国ドイツで解説者を務めてきた。

▽新シーズンに向けてチームスタッフの刷新を図るアーセン・ヴェンゲル監督は、その目玉としてレーマン氏の招へいを決めたようだ。

▽なお『テレグラフ』の伝えるところによれば、ヴェンゲル監督は2003年からGKコーチを務めるジェリー・ペイトンコーチを留任させ、レーマン氏にGKコーチのサポートおよび、自身とアシスタントコーチのスティーブ・ボールド、ボロ・プリモラクコーチの3人と、トップチームの選手たちの間を繋ぐ役割を期待しているという。