大坂なおみがソリベス トルモを下して大会初勝利 [ウィンブルドン]

写真拡大

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦7月3〜7月16日/グラスコート)の女子シングルス1回戦で、大坂なおみ(日清食品)がサラ・ソリベス トルモ(スペイン)を6-3 7-6(3)で破り、初戦突破を果たした。試合時間は1時間53分。

 両者は今回が初対戦。ウィンブルドンの本戦に初出場となる大坂は、大会白星デビューとなった。初挑戦だった2015年は、予選1回戦でソラナ・シルステア(ルーマニア)に6-2 1-6 4-6で敗れていた。

 大坂は2回戦で、第22シードのバーボラ・ストリコバ(チェコ)と対戦する。ストリコバは1回戦で、ベロニカ・セペデ ロイグ(パラグアイ)を6-3 6-3で下しての勝ち上がり。

 ジャン・シューアイ(中国)とのペアでダブルスにもエントリーしている大坂は、第13シードのキルステン・フリプケンス(ベルギー)/サーニャ・ミルザ(インド)と初戦で対戦する予定となっている。

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン)の1回戦でサラ・ソリベス トルモ(スペイン)をストレートで破った大坂なおみ(日本)(撮影◎小山 真司/テニスマガジン)