錦織、ツォンガ、クエリーらが初戦を突破 [ウィンブルドン]

写真拡大

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦7月3〜7月16日/グラスコート)の男子シングルス1回戦で、第12シードのジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)がワイルドカード(主催者推薦枠)のキャメロン・ノリー(イギリス)を6-3 6-2 6-2で倒して初戦を突破した。試合時間は1時間23分。

 ツォンガは2回戦で、ルー・イェンシュン(台湾)を6-3 1-6 6-3 6-4で破って勝ち上がった予選勝者のシモーネ・ボレッリ(イタリア)と対戦する。

 そのほかのシード勢の試合では、第9シードの錦織圭(日清食品)、第24シードのサム・クエリー(アメリカ)、第30シードのカレン・カチャノフ(ロシア)が勝ち上がったが、第20シードのニック・キリオス(オーストラリア)は第2セット終了後にリタイアしたため初戦で姿を消した。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者

◇   ◇   ◇

【男子シングルス1回戦 主な試合結果】

○4ダスティン・ブラウン(ドイツ)3-6 7-6(5) 6-4 6-4 ●3ジョアン・ソウザ(ポルトガル)

○10ピエール ユーグ・エルベール(フランス)6-3 6-4 Ret. ●9ニック・キリオス(オーストラリア)[20]

○12ブノワ・ペール(フランス)6-4 3-6 7-6(10) 6-4 ●11ロジェリオ・ドゥトラ シルバ(プラジル)

○14ジャージー・ヤノビッチ(ホーランド)6-4 3-6 6-3 7-6(2) ●13デニス・シャポバロフ(カナダ)[WC]

○17ジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)[12] 6-3 6-2 6-2 ●18キャメロン・ノリー(イギリス)[WC]

○19シモーネ・ボレッリ(イタリア)[Q] 6-3 1-6 6-3 6-4 ●20ルー・イェンシュン(台湾)

○22ニコラス・バシラシビリ(グルジア)6-4 7-6(3) 6-1 ●21カルロス・ベロック(アルゼンチン)

○24サム・クエリー(アメリカ)[24] 7-6(5) 7-5 6-2 ●23トーマス・ファビアーノ(イタリア)

○40カレン・カチャノフ(ロシア)[30] 7-6(4) 2-6 6-3 1-6 6-2 ●39アンドレイ・クズネツォフ(ロシア)

○49錦織圭(日本/日清食品)[9] 6-2 6-2 6-0 ●50マルコ・チェッキナート(イタリア)

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン)の男子シングルス1回戦で地元イギリスのキャメロン・ノリーをストレートで破った第12シードのジョーウィルフリード・ツォンガ
Photo:LONDON, ENGLAND - JULY 03: Jo-Wilfried Tsonga of France acknowledges the crowd in victory after the Gentlemen's Singles first round match against Cameron Norrie of Great Britain on day one of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 3, 2017 in London, England. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)