錦織とチェッキナートの1回戦、第1セットは錦織が先取 [ウィンブルドン]

写真拡大

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦7月3〜7月16日/グラスコート)の男子シングルス1回戦で、第9シードの錦織圭(日清食品)がマルコ・チェッキナート(イタリア)と対戦し、第1セットは錦織が6-2で先取した。

 両者は今回が初対戦。24歳のチェッキナートは2015年10月に世界ランク自己最高の82位をマークし、チャレンジャー大会で通算4勝を挙げている。プロサーキットでのグラスコートの大会には、今回が初出場となる。

 ウィンブルドンに8年連続9度目の出場となる錦織は、過去2度のベスト16(2014年、16年)がこれまでの最高成績。昨年は4回戦でマリン・チリッチ(クロアチア)と対戦したが、第2セット途中で棄権した。

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン)の1回戦でマルコ・チェッキナート(イタリア)から第1セットを先取した錦織圭(日本/日清食品)(撮影◎小山真司/テニスマガジン)