■この夏は吉野家からのヘルシーメニューに注目!

 吉野家は7月6日より、夏季限定メニューとして「沖縄タコライス」「ベジ牛定食」を販売する。食欲が減退するこれからの季節。野菜をたっぷり使ったメニューは、偏りがちな栄養バランスも整えてくれそうだ。また血糖値が気になる人も安心して吉野家の牛丼が食べられる「サラシア牛丼」も販売スタート。吉野家ファンだけど健康維持も重視したいという人に、オススメのラインナップとなっている。

【こちらも】吉野家がデリバリーに本格参入 シェアリングデリバリー「出前館」で

■吉野家夏のオススメメニュー「沖縄タコライス」と「ベジ牛定食」

 「沖縄タコライス」はたっぷりのレタスとひき肉、チーズ、そしてオリジナルのタコスソースと見た目も色鮮やかで夏らしい一品。激辛ハバネロソースが別添えとなっているので、辛い物好きはぜひ試してみるといいだろう。

 1日に必要とされる半分の量の野菜、そして1日分のビタミンA、ビタミンC、ビタミンEも摂取できる「ベジ牛定食」。なす、かぼちゃ、ブロッコリー、ヤングコーン、パプリカ、オクラを炒め、特製トマトソースで仕上げたメニュー。野菜が大きめにカットされているので食べ応えも十分。牛小鉢と一緒に食べることで、ボリューム感もアップする。

■吉野家・夏季限定メニューの価格とカロリー

 「沖縄タコライス」「ベジ牛定食」のカロリーと価格は次のとおりとなっている(価格はすべて税込み)。

 沖縄タコライス(並盛) 482kcal  450円 ベジ牛定食       626kcal  590円 ベジ定食        451kcal  480円

 夏バテ予防には水分やミネラルの補給と共に、ビタミン類の摂取も必要不可欠。野菜にはビタミン類が多く含まれるため、意識して積極的に摂るよう心がけたいもの。手軽に美味しく野菜が摂れる吉野家の夏季限定メニューは、夏バテ予防にも一役買ってくれそうだ。

■血糖値が気になる人にオススメの「サラシア牛丼」

 吉野家の新メニューとして7月3日から販売スタートとなった「サラシア牛丼」。吉野家の秘伝のタレに「サラシア由来サラシノール」を加えている。このサラシノールはインドやスリランカなどで健康維持のために使われてきた天然植物サラシアに含まれる成分。古くから糖尿や肥満の治療にも用いられてきた。糖の吸収をおだやかにすることから、食後の血糖値の上昇もゆるやかにする効果があると言われている。「吉野家の牛丼は好きだけど、血糖値が気になる…」という人にはぜひオススメしたい商品。並盛が税込み価格で480円となっている。