ナビ・ケイタ【写真:Getty Images】

写真拡大

 リバプールは、RBライプツィヒのMFナビ・ケイタ獲得に前進しているのかもしれない。英メディア『リバプール・エコー』が伝えている。

 ナビ・ケイタはRBライプツィヒの躍進に貢献した22歳のギニア代表MF。英メディアは先日、リバプールが同選手の獲得にクラブレコードのとなる移籍金を用意していると報じていた。

 『リバプール・エコー』がケイタの移籍を予想する理由は、RBライプツィヒが3日に公開した新シーズンのホームキット紹介動画にある。33秒の動画には6選手が登場しているが、チームの中心選手であるケイタの姿がないため、移籍が近いのではないかという声が起こっているのだ。

 リバプールはケイタ獲得に100億円を超える大金を用意したとも言われているが、交渉は進んでいるのだろうか。

text by 編集部