エヴァートンが大型補強へ? ルーニー復帰とジルー獲得画策か

写真拡大

 エヴァートンが今夏の移籍市場で大型補強を画策し、マンチェスター・Uに所属するイングランド代表FWウェイン・ルーニーの復帰、アーセナルに所属するフランス代表FWオリヴィエ・ジルーの獲得を目指しているようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が3日に報じている。

 報道によると、マンチェスター・U退団の可能性を取り沙汰されているルーニーについて、エヴァートンは2004年以来の復帰を画策しているという。同選手はジョゼ・モウリーニョ監督の下で出場機会を限定されており、エヴァートンは復帰実現を諦めていないようだ。

 さらに同メディアの報道によると、エヴァートンはベルギー代表FWロメル・ルカクの移籍に備え、アーセナルに所属するジルーの獲得も検討しているという。同選手は2016−17シーズンのプレミアリーグで16ゴールを挙げたが、先発出場は11試合にとどまった。ジルーに対してはウェストハムも関心を示している模様で、今後の動向に注目が集まる。

 ルーニーの復帰とジルーの獲得が実現した場合、豪華な攻撃陣を形成することになるが、エヴァートンの野望は実現するだろうか。