グレイス・パーク&ダニエル・デイ・キム

写真拡大

米CBSの人気アクションドラマ『HAWAII FIVE-0』は今年の秋からシーズン8がスタートする予定だったが、オリジナルメンバーであるチン・ホー・ケリー役のダニエル・デイ・キムと、コノ・カラカウア役のグレイス・パークが降板することが分かった。新シーズンの初回は、二人が去ることについて言及するようだ。

米Varietyによると、ダニエルとグレイスはスティーヴ・マクギャレット役のアレックス・オローリンやダニー・ウィリアムズ役のスコット・カーンと同等のギャラを求めていたが、CBSとの交渉は満足できるものではなかったという。最終的にCBSが出した額は、アレックスやスコットのギャラよりも10%〜15%低かったようだ。アレックスとスコットは各シーズンの終わりに視聴率に応じた報酬をもらえることが契約に盛り込まれている。

製作総指揮のピーター・M・レンコフは、「パイロットを書いていた間ずっとダニエルに会いたいと思っていて、あの役を演じるのは彼以外考えられなかったし、グレイスの存在感は、『HAWAII FIVE-0』のそれぞれのエピソードに美しさや穏やかさをもたらしてくれました。彼女は1日目からコノのキャラクター構築の手助けをしてくれた、この上ない協力者だったんです。彼らはこれからもずっと私たちのオハナ(ハワイ語で"家族"の意)で、恋しく思ってしまうでしょうが、これからの成功を願っています」とコメントした。

また、CBSの広報も「ダニエルとグレイスの大きな才能、プロフェッショナルな卓越性、(これまでの)全168話それぞれにもたらしてくれたアロハの精神にとても感謝しています。彼らはエキサイティングな『HAWAII FIVE-0』の創造を支えてくれました。私たちは彼らの次の舞台での成功を願っています。Mahalo and hui hou(ありがとう、また会いましょう)」と、二人への感謝を述べている。(海外ドラマNAVI)