Rソックスのリン、メジャーで初“猛打賞”=台湾人初

写真拡大

(台北 3日 中央社)米大リーグ、レッドソックスのリン・ズーウェイ(林子偉、23)は2日、ブルージェイズ戦に「8番・遊撃」で先発出場し、5打数3安打で、1試合3安打以上となる猛打賞を記録した。メジャーでの猛打賞達成は台湾人選手としては初。試合は15−1でレッドソックスが勝利した。

2回の第1打席で三塁打、4回の第2打席ではバントヒットを記録。8回の第5打席では単打を放った。2得点を挙げ、チームの勝利に貢献した。

先月24日にメジャー昇格したばかりのリン。26日のツインズ戦で初安打を放ち、29日には1試合2安打を記録した。現在のメジャーでの成績は、8試合の出場で18打数6安打、打率.333。

台湾人初のメジャーリーガー、陳金鋒外野手はメジャー4年目で初安打を放った。新たな世代の若き選手による活躍ぶりに注目が集まっている。

(林宏翰/編集:楊千慧)