暑さが本格化するとともに、いよいよアウトドアシーズンが到来! 高音質で高機能、かつデザインもイケてるポータブルスピーカーを持ち込めば、キャンプやBBQが一層盛り上がること間違いナシです。もちろん屋内でも便利に使える注目の3モデルを、テクニカルライターの湯浅顕人さんがチェックします。

 

キッチンや浴室を想定した防水&全方位型がトレンド

昨今のBluetoothスピーカーは高音質化が著しく、これはスピーカーやアンプの性能だけでなく、BT転送の品質が向上したことがポイント。いまや、有線との音質差はなくなりつつあります。最新モデルのトレンドは、「防水」と「全方位型」。アウトドアのほか、浴室やキッチンでの使用を想定してのもの。アウトドアがメインなら、音のパワーや、バッテリーのスタミナをチェックしましょう。

 

ポータブルスピーカーの最新トレンド

防水・防滴モデルなら浴室やキッチンでも安心

アウトドアだけでなく、自宅の浴室やキッチンにBTスピーカーを置いて音楽を聴く人も増えています。少しの水濡れなら問題なく使える、防水or防滴対応モデルが安心です。

 

設置場所の自由度が高い360°全指向性スピーカー

どの向きからでも同じ音質で聴ける全指向性スピーカーが人気。人が多く集まるパーティやBBQなどに最適です。壁際に設置すれば、反射による音の拡散を楽しめます。

 

ポータブルスピーカーの押さえるツボ

屋外でもしっかり聴こえるパワフルなアンプを搭載

騒音のあるアウトドアで聴くことを想定して、高出力のアンプを搭載するものを選びたいところ。総合50W以上なら、よほどうるさい場所でない限りかき消されないハズ。

 

手軽に充電できない環境へ持ち出して使用するなら、バッテリーのスタミナは最重要項目。1回の充電で最低でも10時間以上は音楽を再生できるものでないと、少々心配です。

 

大口径スピーカーによる迫力の重低音が魅力

ソニー
SRS-XB40
実売価格2万4960円

61mm径のフルレンジスピーカーを2基搭載し、迫力のサウンドを実現。デジタルアンプ技術「S-Master」や高音域を補完する「DSEE」など、同社の高音質技術が満載です。曲に合わせて光るライトが、場の雰囲気を盛り上げます。

SPEC●スピーカーユニット:61mm径フルレンジ×2 ●再生周波数帯域:20Hz〜20kHz ●Bluetooth対応コーデック:SBC、AAC、LDAC ●防水:IPX5相当 ●実用最大出力:64W ●指向特性:全指向性 ●バッテリー再生:約24時間 ●サイズ/質量:約W279×H100×105mm/約1500g

アプリ「Fiestable」に対応。曲に合わせてドラムやスクラッチを入れてDJ気分を楽しめます。調光も可能。

重低音をさらに強化できる「EXTRA BASS」ボタンを搭載。アウトドアなどの広いスペースで有効です。

 

小さい音でも迫力ある低音をしっかり出せる

「小さい再生音でも低音の迫力は抜群。スタミナ豊富でNFCに対応するなど、使い勝手も良好でした。大きくて重いのはネック」(湯浅さん)

 

格付:A(解像感:3.5、低音:5、機能性:4.5、携帯性:3、コスパ:4)

 

独自のDSP技術によりどこでも臨場感のある音に

B&O Play
BeoPlay A1
実売価格2万9900円

平たいドーム型のデザインが特徴のモデル。ネオジウムスピーカー構成は、マグネットを使用した新開発ユニットを含む2Wayです。「True360オムニディレクショナルサウンド」に対応し、どこに置いても臨場感のあるサウンドを楽しめます。

SPEC●スピーカーユニット:アルミコーンフルレンジ、シルクドーム・ツイーター ●再生周波数帯域:60Hz〜24kHz ●Bluetooth対応コーデック:非公表 ●防水:非対応 ●指向特性:全指向性 ●実用最大出力:60W ●バッテリー再生:最大約24時間 ●サイズ/質量:W13.3×H4.8×D13.3mm/約600g

ストラップを備え、バッグに取り付けるなどすれば持ち運びに便利です。本体も軽量&コンパクトな設計。

 

独自のDSP技術を搭載。入力された音声信号を最適化し、360°に臨場感のあるサウンドを創出します。

 

こもり感のないクリアな音が耳に直接届く

「澄んだ音がダイレクトに耳に届き、音質は3機種で最良。付属するストラップは、移動時のほか、引っ掛けて聴く際も便利です」(湯浅さん)

 

格付:S(解像感:5、低音:4、機能性:3、携帯性:5、コスパ:4)

 

一体成型の美しいアルミ筐体から全方向へ均一にサウンドを届ける

ボーズ
Bose SoundLink Revolve
Bluetooth speaker
実売価格2万7000円

全方位へ均一なサウンドを届ける円錐台型スピーカー。一体成型によるアルミ製のエンクロージャーは洗練されたデザインです。エンクロージャー内の空気圧をコントロールして歪みを除くベントを備え、深く豊かな低音を楽しめます。

SPEC●スピーカーユニット:パッシブラジエーター×2,トランスデューサー ●再生周波数帯域:非公表 ●Bluetooth対応コーデック:非公表 ●防水:IPX4相当(防滴) ●指向特性:全指向性 ●実用最大出力:非公表 ●バッテリー再生:約12時間 ●サイズ/質量:W82×H152×D82mm/670g

底面に三脚用のネジ穴を搭載。アウトドアでは置き場所に困ることが多いため、これを活用すると便利です。

天面に操作系統を集約。電源オンからペアリング、再生/停止、ボリューム調節などが直感的に行えます。

 

底面の三脚穴がアウトドアでの使用時に役立つ

「輪郭のくっきりとしたサウンドで、低音もこもらず美しいです。底面に備えた三脚穴を使って固定できるので、アウトドアなどで便利」(湯浅さん)

 

格付:S(解像感:4、低音:4.5、機能性:4、携帯性:4.5、コスパ:4.5)

 

「ボーズのSoundLink Revolveは、目立った欠点のないモデル。スタミナは必要十分で、音質面や機能面は高水準でまとめられ、間違いなく“買い”です。音質はBeoPlay A1が最優秀で、非常にクリアかつ聴き心地の良いサウンドを楽しめました。重低音の迫力を重視する人や、アプリを使って楽しみたい人には、ソニーのSRS-XB40もオススメです」(湯浅さん)

 

【私がチェックしました】

テクニカルライター湯浅顕人さん

PC&AVに明るい。BTスピーカーをアウトドアへ持ち出すため、音質のほか携帯性や耐久性も重視している。