「なんでそんなに仲良しなの?」家族仲が良すぎる女性に対する男性のホンネ

写真拡大

最近は家族と仲が良くて、気軽に悩みなどを打ち明ける女性が増えていますよね。

あまりにも家族仲が悪い女性を見ると、自分の前では猫をかぶっているのではないかと男性は不信感を抱きます。
そのため基本的には、家族仲が良い女性に対して男性は好印象を抱きますが、あまりにも家族仲が良すぎる女性に対しては男性が複雑な思いを抱いてることはご存知でしょうか?

そこで今回は、家族仲が良すぎる女性に対する男性のホンネを皆さんに詳しくご紹介しますね。

●(1)距離感が分からない

『付き合いたてなのに実家に遊び来ない?と言われると「え!?もうそんな話進んでるの!?」とたじろいでしまう』(28歳/広告)

最近は親とも友達のように接する女性がとても増えていますよね。
彼氏とのデート中でも、頻繁に家族とメールや電話などでやり取りをして、様々なことを相談する女性が少なくありません。

そのため彼氏に対して気軽に自分の家族を紹介しようとする女性が珍しくありません。
しかし、本来は男性にとって彼女の実家を訪ねることは特別な意味をもつ行為なので、女性に結婚を迫られているのだろうかと深読み をします。

こうした家族仲が良すぎる女性と男性との意識の違いが様々なすれ違いや余計なストレスを生み出すことで、男性の気持ちが徐々に彼女が離れていく場合があるんです。

●(2)彼女の家族が干渉しすぎて鬱陶しい

『最近の女の子はお母さんと仲良い傾向にあるのは知ってたけど、まさか痴話喧嘩の内容まで話してるなんて……会うのが恥ずかしい』(31歳/営業)

家族仲の良い女性は、彼氏との間に起きた出来事をすべて家族に話します。
そのため、喧嘩の理由などを含めた様々な事柄を彼女の家族がすべて承知しており、男性は常に1人で複数を相手にしているような圧迫感を覚えます。

さらにデートの予定を立てたり、デート中に買い物をする際なども逐一家族に相談をするため、徐々に男性は自分も彼女の家族に管理されているような憂鬱な気分になり始めて、交際を続けることに嫌気が差す場合があるんです。

●(3)彼女の実家に行くのが憂鬱

『彼女にとってはくつろげる場所でも僕にとっては試される場所。せっかくの休みなのに心休まるときがありませんよ』(33歳/コンサル)

家族仲の良い女性は、連休などで時間ができるとすぐに実家に帰ろうとします。
その際に彼氏も彼女に誘われて、一緒に彼女の実家を訪ねることになる場合が少なくありません。

しかし、多くの男性たちは彼女の実家に行くことを憂鬱に感じています。
女性にとって居心地のよい場所であっても、それほど馴染みのない人達に囲まれる男性にとっては気の抜けない息苦しい場所に感じられます。

また、家族の全員が知っている思い出話なども知らないので会話に入りにくく、さらに女性に相応しい男性なのかを値踏みされているような緊張感に晒されながら、常に愛想よく振る舞う必要があります。
その結果、彼女の実家を訪ねた男性は仕事をするよりもグッタリと疲れてしまう ため、彼女に実家に誘われることはとても憂鬱なんです。

●(4)無理に輪に入りたくない

『自分が割とドライな家庭で育ったこともあって、どういう距離感で彼女の家族と接していいか分からないから無理に関わろうとして嫌われたくない。』(27歳/IT)

結婚を前提とした交際では、男女共にお互いの両親と円満な関係を築くことが大切ですよね。
男性側も積極的に彼女の家族とコミュニケーションをとり、その輪に加えてもらえるように努力をします。

しかし、そこまでの関係に発展していない交際の場合は、彼女の家族の輪にあまり深入りしたくないというのが男性のホンネなんです。