ソン・ジュンギからソ・ジソブまで…映画「軍艦島」新たなキャラクターポスターを公開

写真拡大 (全4枚)

「ベテラン」「ベルリンファイル」のリュ・スンワン監督の新作で期待を集めている映画「軍艦島」が、軍艦島を脱出しようとする朝鮮人の姿を詰め込んだキャラクターポスターを公開した。

映画「軍艦島」は日本統治時代、日本の端島(通称:軍艦島) に強制徴用された後、命をかけて脱出を敢行する朝鮮人たちの話を描いた映画だ。

「ベテラン」で1,341万人を動員したリュ・スンワン監督と、韓国の代表的な俳優ファン・ジョンミン、ソ・ジソブ、ソン・ジュンギ、イ・ジョンヒョンの共演で2017年最高の期待作とされている「軍艦島」が朝鮮人たちの命をかけた脱出を描いた脱走キャラクターポスターを公開して、注目を集めている。

今回公開された「軍艦島」脱走キャラクターポスターは、地獄の島、軍艦島から脱出しようとする朝鮮人たちの凄絶な姿で目が離せなくする。

まず、娘と共に軍艦島に来たイ・ガンオク役のファン・ジョンミンのキャラクターポスターは、切実な表情とともに「僕は願ってもいないから、僕の娘ソヒだけでもここから出られるようにしてあげましょう」というフレーズで、父性愛を感じさせる。阿鼻叫喚の脱出の瞬間にも、娘を抱きしめているファン・ジョンミンの姿は、何としてでも娘を守りたい父親の心を表す。

荒っぽく不器用だが、朝鮮人としての義理を失わない京城(キョンソン:ソウルの旧称) 一喧嘩の強い男ソ・ジソブのポスターは「朝鮮の人々全員が船に乗れるように、僕たちが後押しする」というフレーズと、揺れない表情で強靭な男性らしさを表す。銃を向けているチェ・チルソンの姿は、脱出の瞬間の緊張感を伝えるのはもちろん、最後まで朝鮮人の脱出を助ける活躍に対して期待感を持たせる。

任務を受けて軍艦島に潜入した光復軍所属のOSS要員パク・ムヨン役のソン・ジュンギのポスターは、緊迫感が漂う眼差しや表情で視線を奪う。「出て行く。ここにいる朝鮮の人々、みんな一緒に」というセリフは、朝鮮人全員の脱出を率いる莫大な責任感と重さを伝え、感動を与える。

強靭な朝鮮の女性マルニョンに扮したイ・ジョンヒョンのポスターは、恐怖の中で決然とした表情で、脱出に対する固い意志を表す。また「1人だけでも生き延びたら、私たちが勝つのよ。たった1人だけでも」というフレーズが加えられ、軍艦島脱出に向けた強い熱望を伝えると同時に、必死の脱出劇に対する好奇心をくすぐる。

このように強い生への意志で軍艦島を脱出しようとする朝鮮人の姿を表現した脱走キャラクターポスターで深い響きを与える「軍艦島」は、今年の夏韓国を魅了する見込みだ。

映画「軍艦島」は“軍艦島”の隠された歴史をモチーフにリュ・スンワン監督が新たに創造するストーリーと豪華キャストで、2017年最高の期待作とされており、7月26日韓国で公開される予定だ。