『FLOW 15th Anniversary TOUR 2017 We are still Fighting Dreamers』を開催したFLOW

 FLOWが2日、東京・恵比寿LIQUIDROOMで『FLOW 15th Anniversary TOUR 2017 We are still Fighting Dreamers』をおこなった。このツアーは、7月2日でデビュー15周年に突入する記念に、ミニアルバム『Fighting Dreamers』を引っさげ、全国6大都市を回るというもの。ライブでは定番曲の「GO!!!」などを披露し、ファンとともに15周年を祝った。

 SEのスタートと同時に会場では、歓声が上がった。IWASAKI(Dr)、TAKE(Gt)、GOT’S(Ba)、KEIGO(Vo)の順にメンバーが登場。少し遅れてKOHSHI(Vo)がステージに入ってきた。1曲目から会場は全員の大ジャンプで大揺れ。昔からのファンも、FLOWを最近知ったかもしれない層も入り混じって、グイグイと前方の人口密度を濃くしていく。

 今回のミニアルバムのためにメンバーそれぞれが作った楽曲から、KOHSHI作の「Go! Go! Drinkers」を披露。同曲の演奏中、KOHSHIがショットを一気に飲み干した。「以前からお酒をテーマにした曲を作りたいと思っていて、やっと書けた」と語っていた彼にとって、今日のこの一杯は最高のものになったに違いない。

 「15年目に突入! 俺たちがFLOWだー!」というKEIGOの煽りにオーディエンスは両手を挙げ、応えた。「みんなでやってきたんだよ。全員のお祝いだから!」MCでそう語ったKEIGOは、続く楽曲のギターソロの最後の1拍まで、拳を突き上げオーディエンスを煽り続ける。

ライブのもよう

 GOT’S作の「秘密の作戦」では、会場は熱気に溢れ、GOT’Sのベースソロになった時にはベースの音をかき消すほどオーディエンスの声が会場に響いた。

 TAKE作による「クライムオン」では、これまでとは一転し、会場が一気に落ち着いた雰囲気に。オーディエンスは、静かに曲に聴き入り大人の世界観を感じている様子だった。

 IWASAKI作の「Bet or Dead」では、80年代のアメリカンロックを彷彿させるその楽曲が、瞬く間に体感したことない空気へと変え、FLOWのまた新しい形のエンターテイメントロックを表現していた。

 ライブは終盤戦へ。「今まで俺らが言い続けてきた言葉! みんなで叫んでくれよ!!」というKEIGOの煽りで始まった15年目最初の「GO!!!」。FLOWの今までを作り、またこれからを作っていく楽曲で、誰もが待っていた今日という日の「GO!!!」だ。今日一番の歓声と会場の揺れは、会場に来るまでに予想していたもの以上だった。

 「みんなとやってきた15年です。改めて、本当にありがとう」この言葉に、会場では盛大な拍手が鳴り響いた。

15周年を祝うケーキと一緒に記念撮影

 KEIGO作の「旅の途中」は、歌詞にある<まだ僕ら旅の途中>というフレーズが、今日は一段と耳にすっと入ってきて、そしてぐっと沁み渡ってくるに違いない。これからもFLOWの音楽に触れていたいと思うに十分な言葉だった。

 アンコールも最高のパフォーマンスとレスポンスで終え、ファンからの温かいサプライズも大成功し、15周年の初日を終えた。