浜崎あゆみ

写真拡大

 歌手の浜崎あゆみが、5日放送のバラエティ番組『今夜くらべてみました2時間SP』(日本テレビ系)で、超豪華な新居をテレビ初披露することがわかった。

「私生活が謎な女」として登場する浜崎は、壁や床が大理石でできた豪華な新居の内部や、公園のように広い屋上テラスの写真を公開。これに、MCのHKT48・指原莉乃は、「お金持ちキャラ(のタレント)を集めて、本物はこうだって見せたいです。これが本物だと」と溜め息を漏らす。

「今年、長年暮らした港区のメインハウスを売却し、母親や愛犬と共に新居に移ったとされるあゆですが、その売却額は土地代だけで10億円ほどとも。これまでも、港区の自宅や葉山の別荘、元夫と暮らしたLAの自宅など、家を誂えるたびにメディアで披露してきましたが、共通点はインテリアの随所に自身を示す“Aマーク”があしらわれていたこと。自分大好きなあゆだけに、新居にも“Aマーク”が散りばめられているのではないかと、ファンは注目しています」(あゆウォッチャー)

 また同番組では、浜崎が所有するクリスチャン ルブタンやジミー チュウといった高級ブランド靴のコレクションも登場。しかし、「履くのはあんまり好きじゃない」「見るのが好き」「靴に当てる照明とか考えるのが好きなんです」とセレブならではの感覚を披露し、共演者を圧倒する。

 浜崎といえば、約4年ぶりのバラエティ出演となった先月19日放送の『しゃべくり007』(同)でも、自宅にお手伝いさんが「5人くらい」いることや、同じ建物の別フロアにヨガのインストラクターやスタッフを住まわせていることを明かし、その浮世離れぶりをいかんなくアピールしていた。

「あゆは新居のみならず、過去の家も総大理石が基本で、バブルの雰囲気がムンムン。しかし今の時代、成金趣味に憧れを抱く一般人は少なく、若者目線ではむしろダサく見えてしまいます」(芸能記者)

 2014年発売の著書『ayu LIFE STYLE BOOK』(講談社)で、高級ブランド品に囲まれた私生活を惜しみなく披露した浜崎。先月28日にも、胸元にグッチのロゴがドーンとあしらわれたトレーナー姿をSNSで披露したが、ネット上では「服ダサ!」「ブランド見せびらかしw」と揶揄が相次いだ。

「あゆのバラエティ出演が続いている背景には、開催中の全国ツアーのチケットが捌けない窮状があるとも。もし、成金アピールで新規ファンを獲得しようとしているとしたら、失敗に終わる可能性もありそう。成金キャラを押せば押すほど、時代遅れ感が漂ってしまいます」(同)

 来年で40歳を迎える浜崎。私生活の切り売りでファン離れを食い止められるだろうか?