『おんな城主 直虎』公式サイトより

写真拡大

 柴咲コウが主演するNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』の第26回が2日に放送され、平均視聴率は前回から0.1ポイント増の12.4%(関東地区平均、ビデオリサーチ調べ)だったことがわかった。今回は東京都議選開票の影響で通常より15分遅れてのスタートとなり、大河の裏でも各局の開票速報番組が放送されたが、視聴率に目立った影響はなかったようだ。ただ、これで5週連続の12%台。このドラマを熱心に視聴し続けるファンは、この程度の水準で固定化されてしまったと見ることもできる。
 
 今回は、龍雲丸(柳楽優弥)一党が本拠地としている商人の町・気賀が舞台となった。今川氏真(尾上松也)は、気賀の町が武田への「塩止め」の禁を破って利益を手にする商人たちの巣窟になっていると知り、気賀に城を築いて今川傘下の国衆である大沢(嶋田久作)に治めさせようと考える。直虎(柴咲)は賛成派と反対派に二分されていた気賀の商人たちの双方から話を聞き、築城を受け入れる代わりにこれまで通りの自由な商いを守れるように願い出れば良い、と彼らを説得。直虎から事の顛末を聞いた瀬戸方久(ムロツヨシ)は、大沢ではなく井伊がその城に入れば良いのではないかと提案した――という展開だった。

「ピンチの後にチャンスあり、チャンスの後にピンチあり」をきっちりと描いた脚本であり、次週以降に起こる動乱の導入編としては良かったと思う。だが、城を守るために父親が討ち死にしたというエピソードを持ち出して、『城があるから戦が起こって人が死ぬ』という理屈を展開した龍雲丸には大いに違和感が残った。現代で言えば「基地があるから攻められる」「自衛隊があるから戦争が起きる」というおなじみの論理である。ドラマレビューで政治思想を語るつもりはないが、戦国の世でそんなことを言い立てる人物はさすがにおかしい。城がなくても戦は起こるし、城がなければあっという間に攻められて死ぬだけである。

 作中でも直虎が「城さえなければ助かるという話ではあるまい」と龍雲丸を諭すが、彼は「できもしねえこと言ってんじゃねえわ」といちゃもんを付けて耳を傾けずに去っていってしまう。これには視聴者からも「龍雲丸のキャラ変わってないか?」「鋭いこと言っているようで、内実は駄々をこねているだけの子供」「もうちょっと頭の切れるキャラかと思っていた」など疑問の声が相次いだ。中盤以降のキーパーソンになるかと思わせておいて、意外に考えの浅い子供じみた人物だったというオチでは少々残念過ぎる。直虎にありきたりな平和思想を語らせず、「戦が起こるかどうかは城のあるなしでなく城主の采配次第」と言わせたくだりは良かっただけに、登場人物の中で龍雲丸だけが妙に浮いていたことは否めない。

●「裾ドン」も信頼関係の証?

 一方、表向きは対立しているふりをしながら、常に直虎の身を案じる政次(高橋一生)は今回も絶好調。絶体絶命のピンチを知略で乗り切った直虎に安堵したせいか、直虎と碁盤をはさむシーンでは頬杖をつき、これまで見せたことがないような気の抜けた表情を見せた。かと思えば、龍雲丸たちを気にかける直虎を「お前は一体どこの当主なのだ!」と一喝。極めつけは、なおも助言を聞かずに気賀へ向かおうとする直虎の打掛の裾を踏んずけた“床ドン”。眉間にしわを寄せ、目を細めて直虎を見つめたその表情は「こいつホント人の言うこと聞かねー」と言っているようでなかなか笑えた。

 こうした政次の行動に、「裾ドンは本当に無礼千万な所業だけど、迷いなくやれるのは、政次だけ。それくらい信頼関係が強い証拠を表すシーン」「いさめるのと心配なのと、行くなという懇願がこもったこの表情」「敬語から一転してお前呼び。直虎に遠慮なく欠点を指摘してくるのは子供時代から変わらない」など、直虎とのきずなの強さを感じる視聴者も多かった。その反対に、「おとわはどんどん領主らしく成長していくのに、政次の方が無理やり蓋をして閉じ込めていた鶴丸の部分をいつまでもくすぶらせて持て余しているように見える」「殿であり、大切な女性である人の裾をどーんって踏んずけて転ばすって… やっぱり幼なじみの直虎相手だと政次も子供っぽくなってしまうのかね」といった具合に、自分の気持ちを素直に出せない精神的な幼さが表れたのではないかとの声も聞かれた。

 いずれにしても、「直虎と政次の関係性」でここまで話を引っ張れるのは脚本と役者双方の力があってのことだろう。徳川家の重臣たちや武田信玄(松平健)など新キャストが続々と登場する後半にも大いに期待がかかる。
(文=吉川織部/ドラマウォッチャー)