実写『銀魂』万事屋3人の超仲良しなメイキング映像が解禁

写真拡大

小栗旬が主演、福田雄一が監督を務める映画『銀魂』が7月14日(金)より公開されることを記念し、メイキング映像“万事屋篇”が解禁となった。

本作は、累計発行部数5,000万部を超える、週刊少年ジャンプの人気同名コミックス(集英社刊/空知英秋)が原作。パラレルワールドの江戸を舞台としたギャグとアクション、そして人情を詰め込んだ“痛快エンターテイメント”だ。宇宙からやってきた「天人(あまんと)」の台頭と廃刀令により、かつて隆盛を極めた侍は衰退の一途をたどっていた。そんな時代に侍魂を堅持するちょっと変わった男・坂田銀時(小栗)と、銀時とひょんなことから出会った仲間の志村新八(菅田将暉)、神楽(橋本環奈)たちの身に起きるさまざまな事件を描く、笑いあり感動ありの物語となっている。

解禁となった映像では、“万事屋3人”を演じる小栗、菅田、橋本が「万事屋銀ちゃん」のセットで、仲良く3ショット撮影を行う様子からスタート。銀髪天然パーマのぐうたら侍・銀時が“キリッと光る”名場面のメイキング、新八のキメシーン(?)、そして、原作・アニメでも人気のエピソード“カブト狩り”シーンの撮影風景と、期待値高まる映像がてんこ盛り。“カブト狩り”シーンの撮影は、昨年の夏のクランクイン初日に行われ、映像には福田監督と小栗、菅田、橋本が仲良く撮影に臨む姿が収められている。