北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は2日、南北関係問題において米国が韓国に圧力をかけて「反統一干渉行為」を行っていると非難する署名入りの論説を配信した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

米国のトランプ大統領と韓国の文在寅大統領は30日に首脳会談を行った。会談後に発表された共同声明では、米韓同盟の強化や対北朝鮮政策での連携などが確認された。論説は、こうした米韓の動きに対する非難と見られる。

(関連記事:北朝鮮メディア、韓国文大統領を「親米手先」と非難

論説は、「最近、米国が北南関係の改善を阻むための不当な干渉策動にやっきになって執着している」と指摘した。

つづけて、「米国には、長々70余年間もわが民族に分裂の苦痛を浴せかけたことに対してひざまずいて謝罪し、北南関係問題から手を引いて自分の巣窟に帰えるべき責任と義務があるだけである」と主張した。

また韓国に対しては「祖国統一問題に対する米国の干渉に終止符を打つためには、南朝鮮当局が自主的な立場に立たなければならない」と述べた。

そのうえで、米国に対して「対決と緊張を鼓吹する卑劣な妄動を直ちに中止しなければならない」と強調した。