アルゼンチン代表のパウロ・ディバラ【写真:Getty Images】

写真拡大

 ユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが決めたゴールが話題となっている。アルゼンチン紙『ラ・ナシオン』が伝えている。

 ディバラは故郷ラグナ・ラルガでチャリティマッチに出場。ゴール正面のペナルティアーク内でFKを得ると、ここから“チャリティマッチ”ならではの事態が起きる。

 相手チームの選手だけではなく、一部のサポーターがピッチに乱入し、20人がゴールライン上に並んで壁を作った。ゴール前は相手選手とサポーターでシュートコースはないように見えたが、ディバラは頭上に空いていたわずかなスペースを狙う。

 すると針の穴を通すようなシュートはそのままネットに吸い込まれ、ディバラは「壁20人」相手に見事なゴールを決めた。

 同紙は「ディバラのゴールは不可能なFK」と報じ、伊紙『ラ・スタンパ』は「アルゼンチンでの休暇で、ディバラは故郷でのチャリティマッチで信じられないFKをネットに沈めた」と称賛した。

text by 編集部