提供:リアルライブ

写真拡大

 女優・有村架純の姉であり、タレントの有村藍里が、1st写真集『i』(講談社)の発売を記念したイベントを、1日に都内で行った。

 これまでイメージDVDを4枚発売し、この3月に芸名の「新井ゆうこ」から本名の有村藍里に改名。1st写真集ではあるが、グラビアアイドルとして活動していたこともあり、大胆でセクシーなシーンも満載である。現在26歳の有村の等身大の姿を描いた内容になっている。

 その中でも一番のお気に入りのシーンについて聞かれると「裏表紙にもなっていますお尻を強調したカットがお気に入りです。今までお尻がキレイって言われていたので、体型的にも女性らしくふっくらした仕上がりになったと思ったので、お尻を良く見て欲しいです」とアピールした。

 これまで「新井ゆうこ」という芸名で活動していたのだが、なぜいきなり本名に改名したのか気になるところだが……。

 「10年近くずっと芸名で活動をしていたので、家族以外から本名を呼ばれることがあまりありませんでした。本名にしたことで、新鮮で本当の自分になれた感じになって嬉しいです」と明かした。

 今後の活動ついては「バラエティタレントとしてドンドン色々なことに挑戦していきたいです。妹と共演することがあるなら普通に会話とかしている感じで出たいです。一緒に出れたら幸せです。もしお芝居で共演するなら姉妹役をやったら楽しいと思います」とコメントした。

 妹が大好きな様子が伺える姉の藍里だが、架純が主演の朝ドラ『ひよっこ』(NHK)もしっかりチェックしているという。

 「妹の作品は全部見ていますし、もちろん『ひよっこ』も見ています。少し前に2週間くらいの長期ロケがあったので、『ひよっこ』は撮り貯めているんですよ。本当は今すぐに家に帰って見たいくらいですよ」と妹愛をアピールした。

 本名に改名したことで、姉妹共演が実現する可能性も高まった。来るその日を楽しみにしよう。

有村藍里
(T162cm、B88cm・W55cm・H84cm)