画像提供:マイナビニュース

写真拡大

米BOX OFFICE MOJOは6月30日〜7月2日の全米週末興業成績を発表した。

人気アニメ"怪盗グルー"シリーズ最新作『怪盗グルーのミニオン大脱走』が初登場首位。2013年公開の3作目『怪盗グルーのミニオン危機一発』の続編で、スピンアウト作品『ミニオンズ』(2015年)の監督で大ヒットを収めたカイル・バルダが指揮している。晴れてルーシーと結婚したグルーの前に新たな敵が現れる他、双子の兄の存在が明らかになるなど新展開が訪れる。

2位も初登場の『ベイビー・ドライバー』がランクイン。『ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!-』のエドガー・ライトが監督を務め、『きっと、星のせいじゃない。』のアンセル・エルゴート主演で、犯罪組織の"逃がし屋"として活躍する青年ドライバーの活躍を描いた作品だ。

前週トップの『トランスフォーマー/最後の騎士王』は3位にランクダウンしたが、累計興行収入1億210万3,351ドルと1億ドルの大台を突破した。

『ワンダーウーマン』も2ランクダウンの4位に。累計興収1億ドルに到達した『カーズ/クロスロード』も3位から5位へと順位を下げた。

6位『The House(原題)』も今週初登場。セス・ローゲン主演の2014年の大ヒットコメディ『ネイバーズ』の脚本家コンビ、アンドリュー・ジェイ・コーエン&ブレンダン・オブライエンの新作コメディで、娘の進学資金のために闇カジノを始める夫婦を描く。主演は『俺たちニュースキャスター』『俺たちフィギュアスケーター』など"俺たちシリーズ"のウィル・フェレルが務める。

その他ソフィア・コッポラ監督・脚本の最新作『The Beguiled (2017)(原題)』が前週22位から8位に初のトップ10入り。1971年にクリント・イーストウッド主演でドン・シーゲル監督が映画化した『白い肌の異常な夜』をリメイクした作品で、「第70回カンヌ国際映画祭」でコンペティション部門の監督賞受賞作だ。