ポン・ジュノ監督新作映画「オクジャ」公開4日で動員観客数10万人を突破

写真拡大

ポン・ジュノ監督の映画「オクジャ」が、上映館が少ないにも関わらず、動員観客数10万人を突破した。

本日(3日)、韓国の映画振興委員会の映画館入場券統合ネットワークによると、映画「オクジャ」(配給:NEW) は、2万5177人の動員観客数を記録した。先月29日に公開して以来「オクジャ」は、11万1803人の動員観客数を記録し、公開4日目で動員観客数10万人を突破した。

Netflixのオリジナル映画「オクジャ」は、韓国の代表マルチプレックスで上映が不可であるため、全国で100ヶ所の上映館だけで公開した。これに、今までマルチプレックスで簡単に映画を鑑賞することができた観客たちは「オクジャ」を上映する劇場に訪れ、認証する姿を見せている。

「オクジャ」は、田舎の少女ミジャと巨大動物オクジャの友情を描いたストーリーだ。